1. まとめトップ

日本ハムが獲得したクリス・マーティンの経歴が異色すぎる

日本ハムが、ヤンキースからFAとなっていたクリス・マーティン投手を獲得。今期もメジャーで活躍しており、かなり期待できそう。

更新日: 2015年11月07日

1 お気に入り 10957 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

12241435さん

日本ハムが、ヤンキースからFAとなっていたクリス・マーティン投手を獲得

日本ハムは4日、ヤンキースからFAとなっていたクリス・マーティン投手(29)と来季契約が合意に達したと発表した。2メートル3の大型右腕で、今季はメジャーでリリーフとして24試合に登板し0勝2敗1セーブをマークしている。

マーティンの異色すぎる経歴

2005年にロ軍からドラフト指名された後、肩を痛めて手術。昼はホームセンター、夜は空港で荷役として働いた。高校時代の後輩に誘われて倉庫の仕事に移ったある日、キャッチボールで剛球を披露。肩の痛みが癒え、その後、独立リーグのトライアウトで95マイル(153キロ)をマークし、周囲を驚かせた。

本人もやる気に満ち溢れている

マーティンは「北海道日本ハムファイターズの一員になることが正式に決まり、今はとても幸せです。私にこういう素晴しい機会を与えてくれたファイターズに心から感謝を申し上げます。ファイターズ、そしてファイターズファンの皆様の期待に応えられるよう、今オフ中にしっかりトレーニングを重ねて来シーズンの活躍に繋がるように精一杯頑張ります。リーグ制覇、そして日本一に少しでも貢献出来るように自分の持っている力を出し切る覚悟です」とコメントした。

栗山監督も高評価

「今季、ヤンキース1軍のメンバーとして24試合登板した実績が、マーティン投手の実力の高さを証明しています。長身で(203センチ)、ここまで投手としてのバランスがとれている選手を、今までなかなか見たことがありません。最速155キロの直球、鋭いスライダー。奪三振率の高い本格派でありながら、四球が少なく安定した投球が期待できます。」

「主にリリーバーとして活躍をしてきたようですが、駐米スカウトの報告から、先発としての適性もあるとみています。投手陣の充実は、来季優勝への絶対条件。マーティン投手の加入がチーム力アップに必ず寄与されると期待しています」

ファンも期待の声多数

日ハムマーティン引っ張ってきたのか…いいの持ってきたなぁ…

クリス・マーティンと聞いてColdplayのボーカルが日ハム入りしたんかと思ったわ

MLB詳しい方がマーティンいいよ言ってるから信じよう

投球フォームはクセがない。ストレートはかなり素直だ。クイックはやっぱりヘタそう。ボークは間違いなく取られそう。カットボールは変化小さい分、逆に有効かも。←マーティン投手、ファーストインプレッション

おすすめ記事

1