1. まとめトップ

イケメンだと話題のスポーツ選手

宇野昌磨/羽生結弦/川原星/日野龍樹/石川祐希/柳田将洋/南野拓実/内田篤人/内田啓介/五郎丸歩/ケンブリッジ飛鳥

更新日: 2017年11月16日

3 お気に入り 15774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

フィギュアスケート

1997年12月17日生まれ。 愛知県出身。2014年ジュニアグランプリファイナル優勝。2015-16シーズン、初出場のグランプリファイナルでは、FSで自身初の190点台を記録し、銅メダルを獲得した。全日本選手権では2位となった。

1995年12月17日生まれ。福岡県久留米市出身。福岡大学スポーツ学部スポーツ科学科在学中。
2015-16シーズン、スケートカナダでは、SP・FSともに自己ベストを更新し10位となる。3年ぶりの出場となった全日本選手権では12位となる。

1995年2月12日生まれ。東京都出身。2012-13シーズン、全日本ジュニア選手権で2連覇。2年連続の出場となったジュニアグランプリファイナルではSP、FSの両方でパーソナルベストを更新し銅メダルを獲得した。

男子バレー日本代表選手

愛知・星城高校で史上初の2年連続高校3冠を達成し、中央大学進学後、18歳で全日本に初選出。3月下旬までの期限付きでイタリア・セリエAのモデナでプレーした。その実力は10年に1度の逸材と言われていている。
身長191センチ、体重74キロとバレー選手としてはそう大きくない石川祐希の持ち味は、何よりもジャンプ力だ。最高到達点345センチから相手コートへスパイクを叩きつける。
その甘いルックスはバレーファン以外も惹きつけ、女性誌『ViVi』の注目アスリートランキングではラグビーの五郎丸歩に次ぐ2位にランクインした。

「NEXT4」として南部正司監督に異例の指名を受けた若手スパイカー。
初戦のベネズエラ戦では石川が相手ブロックに阻まれるなか、柳田は61.9%という高い決定率を残し、勝利の立役者に。
昨年のワールドカップでレギュラーの座を掴み、一番の武器である強力なジャンプサーブでサーバーランキング全体の5位になるなど存在感を発揮。石川とともに人気が爆発し、柳田のツイッターのフォロワー数は昨年9月の5,000程度から今では11万5,000に激増した。

サッカー

1995年1月16日生まれ。 大阪府出身。サッカー日本代表フォワード。2015年W杯アジア2次予選イラン戦で代表初出場。オーストラリアブンテスリーガ、レッドブル・ザルツブルク所属。

ラクビー

1992年2月22日生まれ。 滋賀県出身。ラグビー日本代表にも選ばれたスクラムハーフ。今年のW杯ではバックアップメンバーに選出。パナソニック・ワイルドナイツ所属。

陸上競技

1