1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

温暖化で海面上昇はうそ?…南極の氷は増加していた

温暖化の影響でとけて減少してきたとされている南極の氷について、NASA=アメリカ航空宇宙局は、実際には増えていたとする研究結果を公表し、今後議論を呼びそうです。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年11月05日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 5827 view
お気に入り追加

○南極の氷は増加中

温暖化の影響でとけて減少してきたとされている南極の氷について、NASA=アメリカ航空宇宙局は、実際には増えていたとする研究結果を公表し、今後議論を呼びそうです。

事実ならば南極の氷の融解が海面上昇につながるという従来の説が覆されることになる。

NASAのホームページによると、NASAのチームは南極氷床の高さを人工衛星から計測したデータを調べ、その変化の様子から結論を導き出したという。

○氷の増減は大陸全体で一律に起きているわけではない

南極の氷を巡っては世界各国の科学者で作る国連のIPCCが、おととし、温暖化の影響でとけて失われ、海面が上昇していると発表していました。

南極大陸は米国とメキシコを合わせたほどの面積。氷の増減は大陸全体で一律に起きているわけではない。

氷の増減は大陸全体で一律に起きているわけではなく、南極半島など西南極の一部で氷床の融解が進む一方で東部や内陸部の一部では増加傾向にあるという。

○南極ついてネットでも話題になっている

南極の氷が実は増えてたって、結構大問題だよね。 教科書とか書き換えなきゃだよね。

南極の氷、増えてたって!だれも気づかなかったの?温暖化ビジネス?

「南極の氷 実は増えていた」地球温暖化のウソ。そういえば、小出裕章さんも「地球温暖化はウソ」というような事を仰ってましたねえ・・・。

昨日地球環境のニュースで、南極の氷は溶けてる量よりも降った雪が固まって増してる量の方が少し多くて、南極の氷が融けだして海面上昇してるんじゃないっぽい、って書いてあったけど。だから逆に北極周辺の氷の融けてる量が半端ない証拠になっちゃってて、地球は丸いって実感した。

南極氷床の融解加速は報告されてるし,となるとそれ以上に降雪量が増加してることになるのかな.そうなら,南極海の温暖化で供給される水蒸気量が増えたから,と説明できそうだけどもし

○南極大陸の氷は過去数年は減っていない

データを解析して調べたところ、南極の氷床は1992~2001年の間に1120億トン増加し、また2003~2008年の間では820億トンが増加していたことが判ったという。

あらゆるデーターを合わせた結果、NASA研究者らは南極大陸の氷は実際は増えており、過去数年は減っていない事実を発見した。

○毎年、およそ2000億トンの新たな氷を増やしている

氷が増加しているのは1万年前から続く降雪の増加により、年月を経て積み重なった雪が圧縮されたためとみられる。

南極大陸南部東部で数世紀にわたって積もった雪の体積が毎年、およそ2000億トンの新たな氷を増やしていることがわかった。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。