1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ロシア航空機墜落の原因は爆弾?ISによるテロの可能性が高まる

31日にエジプト・シナイ半島でおきたロシア航空機墜落事故。事故は何らかの原因で空中分解したとみられていますが、その原因が、過激派組織「IS」が関与した爆発物によるテロだったという可能性が高まったみたいです。11月9日追記

更新日: 2015年11月09日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 37277 view
お気に入り追加

31日に起きたロシア航空機墜落事故

31日にエジプト東部シナイ半島の山岳地帯で、ロシアのサンクトペテルブルクに向かっていたロシアの航空機が墜落した事故。

ロシア機は10月31日午前6時前、シナイ半島南部のシャルムエルシェイクを出発。約20分後にレーダーから消え、その後墜落した。

捜査当局は事故原因を調査中

墜落の原因を巡っては、エジプトとロシア、それにフランスの航空当局などが合同で調査。

同機は事故前に急に時速300キロ以上減速し、高度を1500メートル以上下げたことが判明。

機体の破片が長さ約8キロ、幅約4キロに飛び散っており、高高度で空中分解したとの調査報告が発表。

ロシア機は97年の製造で古い機体。また副操縦士が出発前に機体の状態が良好でないと述べており、空中で何らかの原因で発火したとみられている。

現場からは機体の高度や速度を記録したフライトレコーダーや会話を録音したボイスレコーダーが回収され解析がすすめられている。

また、回収されたブラックボックス2個のうち、片方のデータ抽出には成功したが、もう片方は損傷しており、調査には時間がかかる見込み。

飛行機空中分解とか飛行機墜落とか絶対したくない死に方。飛行機怖い((((;゚Д゚)))) 見るのはいいけど乗りたくない。 リニアはやくしろ

■謎多い墜落原因。ここにきてISが関与したテロの可能性が高まっている

米当局者は4日、ISISまたは系列組織が仕掛けた爆弾が原因だった「可能性が高い」との見解を明らかにした。

これまでに収集した情報を分析した結果、ISISか系列組織が同機に仕掛けた爆弾が爆発した可能性が最も高いことが判明。

英国のハモンド外相も、同機が爆発物によって墜落したことをうかがわせる「重大な可能性」が浮上したと指摘した。

まじかよ。ロシアの飛行機事故、テロかもしれないのか?

この事故を巡っては、直後にIS関連組織が犯行声明を発表

墜落後間もなく、「イスラム国(IS)」のエジプト関連組織「イスラム国シナイ州」が犯行声明を発表。

IS本体も2日までに犯行声明を発表

ロシアがシリアのシーア派系のアサド政権支援のため内戦に介入した報復として、同機を墜落させたと犯行を名乗り出ている。

ロシアは9月30日からシリアでISへの空爆を開始。ISはこれに反発し、10月13日には、インターネット上で世界中に攻撃を呼びかけている。

出典iwj.co.jp

「ISシナイ州」はシナイ半島を拠点に活動しているイスラム過激派組織。
エジプトの首都・カイロを中心に数々の爆弾テロ事件を引き起こし、エジプト軍などとの衝突を繰り返している。

「イスラム国(IS)」のエジプト関連組織「イスラム国シナイ州」が4日再び犯行声明を発表。

Twitterに音声メッセージを投稿

声明は「調査で何を見つけたか教え専門的な見解を示せ。墜落は我々の仕業ではないとすればどうして墜落したか証明しろ」

「我々が墜落させ、適当と判断した時にその方法を明らかにするだろう」と時が来れば犯行の詳細を明らかにすると表明している。

1 2 3





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する