認知症の原因を診断するのは、とても難しいようですね?

>>確かに難しいですね。患者さんや家族から症状を聞き出した上である程度の診断を行い、その後、画像検査などをして、結果が診断と矛盾がないと判断した上で診断を確定しています。実際、脳を開けて診ることはできないので、原因となる病気の特徴的な症状を知っているかどうかということが、とっても大事なんですね。しかし、患者本人から症状を聞き出すので、正確に聞き出すのはかなり難しい場合もあります。VTRで紹介したレビー小体型認知症は、幻覚が特徴的な症状ですが、患者本人は自分の目で見えているので、それがおかしなことではないと思って、医師の前では、話さないこともあります。こういう症状をとらえるためには、ご家族とか介護している人たちの情報をしっかり取ることがとても大事なんですね。

出典「誤診」される認知症 - NHK クローズアップ現代

前へ 次へ