1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

流し込むだけ♡おしゃれなアロマキャンドルの作り方!

癒しのリラックスタイムにはアロマキャンドル♡お店で買うのもいいですが、お気に入りの香りのアロマで手作りしてみるのも◎意外と簡単にハンドメイド出来ますよ♪簡単なアロマキャンドルの作り方を紹介します。材料も100均で揃うので安く作れちゃうのも魅力です。

更新日: 2015年11月11日

noho3nohoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1676 お気に入り 158834 view
お気に入り追加

お家のリラックスタイムには、アロマキャンドル♡

お家でゆっくりとくつろぎたい時には、
いい香りのアロマキャンドルで癒されたい♪

勉強や仕事に疲れた夜にはアロマキャンドルでリラックスしたい!

キャンドルの暖かな火とアロマの優しい香り。アロマキャンドルは癒し効果があると言われています。

簡単に手作りしてみてもいいかも!

こんなシンプルなキャンドルなら、
お家でも簡単に作れる♪

手作りであれば、自分のお気に入りの香りのアロマキャンドルを作れます!

キャンドルの型にガラス瓶を使用すると、入れたままの姿で楽しむことが出来るので、型から出す手間がいりません。

製作過程を楽しんだり、できあがったキャンドルを飾って楽しんだり。点火して、揺れる火と香りの中、静かな時を過ごすのも素敵です。

基本の簡単なキャンドルの作り方を紹介します。

材料は100均で揃う!

・ローソク10号(キャンドル1個につき、10号ローソク2本使用)
・ガラス瓶などの容器
・クレヨン
・小さな鍋・大きな鍋
・割りばし

自作のキャンドルを作るためにダイソーで売られている10号ローソクを用意しましょう。1つのキャンドルを作るのに10号ローソク2本で大丈夫です。

ダイソーのものなら失敗したっていい、ぐらいの気楽さでできるところが嬉しいですね。

安い材料で作れるのも嬉しいところです。

基本のキャンドルの作り方

なべ(大)に水を入れ、火にかけます。お湯はろうそくを湯せんで溶かすために利用します。

ろうそくをなべ(小)に入れます。このとき、ろうそくを割って入れると溶かす時間を短縮できます。

色付けはこのタイミングで!

キャンドルに色を付けるには、クレヨンをカッターなどで細かくした物を、溶けた蝋が入った鍋に入れ、よく混ぜ溶かします。

溶かしたろうそくに付いていた芯を再利用!

容器の真ん中に、そうそくの芯をたらし、箸などで固定します。

液体になったロウソクを流しいれて、
アロマオイルをたらして固めれば完成♪

常温で置いておけば、約1時間半〜2時間で固まります。このとき、水につけておけば、固める時間を短縮できます。

シンプルでかわいい♡

好みのアロマオイルで作る、
オリジナルのアロマキャンドル♡
インテリアにもいいですよね。

ラベルシールを貼るだけで、
一気に売り物のようになっちゃう!

火をつけると、ほのかにアロマのいい香りが広がります。透明な容器は、容器自体に光が反射して、とても明るくなります

ちょっとアレンジすれば、見た目も更に可愛く♡
以下も参考にしてみて下さい。

1 2





ダイエット、料理レシピ、100均系、インテリアアレンジ、ファッションなどなど、
色んな事まとめてます。
よければ参考にして下さい。

このまとめに参加する