1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nikukyu-99さん

2015年10月19日、新華網によると、中華圏で人気の飲み物「タピオカミルクティー」だが、山東省青島市のある店でこの飲み物を飲んだ客の1人がCTスキャン撮影したところ、胃の中に無数の白点が映っていたと山東広播電視台(テレビ局)が報じた。局の記者も同じ飲み物を飲んでCTを撮ると、まったく同じように白い粒が映った。

青島東大腸胃医院の主任医師は、本来のタピオカはでんぷんを主原料とする健康食品であり、通常なら消化・吸収され、こうした白い点が映るはずがなく、明らかな異常だと話す。

じゃあなんで、、?

タピオカの卸元を訪ねると、店主は「原材料は病気にならなければ何だろうと問題ない」と話すが、その後の調べで、ある店の店員が「工場で化学的に作ったものだ。変な話だが、革靴の靴底や古タイヤからできている」と明かした。

ありえへんやろ~~~!!

専門家は、そのような材料の飲み物を飲むと、消化できず胃や腸に閉塞(へいそく)を起こす危険性が高いと指摘。軽症なら気分が悪くなる程度で済むかもしれないが、手術で閉塞を引き起こした原因を取り除かなければならなくなる恐れもあり、特に消化機能の弱い子どもや高齢者にとっては負担が大きくなると注意を促している。

ネットも騒然

中国のタピオカ偽装で古タイヤとかのゴム廃材使って食品問題が深刻化とかニュース言ってたけど食品より道徳とかモラル系の問題が深刻だと思う

中国でのタピオカジュースのタピオカが中古タイヤと靴底で出来た物ってニュース凄いなぁ。ぶっ飛んでんなぁ。

ニュースでさ、中国がタピオカをタイヤのゴムとかで作って商品として売っていることを聞いて仰天

中国のタピオカティーのタピオカが靴底と古タイヤからつくられているって情報7daysニュースキャスターでやっていた。 怖くて、もう、食べられない...。

過去にも中国の食品は危ないと話題になっていた

2008年、メラミンで汚染された粉ミルクを飲んだ乳児が次々と腎臓結石になった事件。中国産粉ミルクを輸入していたシンガポール、EU、フィリピン、韓国、インドネシアなどで輸入が停止された。、窒素含量の多いメラミンを添加すればたん白質含量を高く偽ることができるという理由で添加されたメラニン。これまでに腎臓結石で乳幼児6人が死亡、29万人が被害を受け、メラミンを混入した企業は22社、60人が逮捕されている。

傷みやすいもやしをきれいに見せかけるために使用される「漂白剤」。法律で使用が禁止されているが、その効果はあがっていない。そしてさらに深刻なのが「無根剤」の使用。ホルモン剤の一種でもやしの成長を促進させる働きがある。ただしがんを誘発したり肢体の不自由な子どもが生まれてくる可能性があるなどの問題がある。しかも一部都市では地方条例で使用が制限されているものの、法律的には野放し状態となっており、ほとんどの生産者が用いているという。

2007年7月12日付けの中国の新聞各紙が「北京市の露店で、肉まんの材料に本来使われるひき肉とともに段ボールを混入させた『偽装肉まん』が発売された」と報道。これは、使われなくなった段ボールを苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)に浸した水で脱色して紙をボロボロにし、それとひき肉を6:4の割合で混ぜ合わせたとされている。

1