1. まとめトップ
  2. 雑学

悶絶必至!スカンクの臭いはどれだけ臭いのか?

おならが臭いと有名なスカンク。正式にはお尻から発射されるその分泌液が臭いの原因なのですが、果たしてスカンクの発射する臭いはどんな臭いなのか?

更新日: 2015年11月16日

12 お気に入り 160276 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

スカンク

頭胴長15~50cm、尾の長さも同程度。外見はイタチに似る。全てのスカンクが南北アメリカに分布。全身黒い長毛におおわれ、後頭部から背部にかけて白い縞や斑紋がある。尾はふさふさとした白い毛に覆われている種が多い。

スカンクが発する強烈な臭い

スカンクは、相手を気絶させるどころか殺すこともできる強力な分泌液を噴出する。

敵から自分の身を守るとき、まず、シューッと声を立て、足を踏み鳴らし、しっぽを上げて敵を威嚇します。しかし、それを無視され効果がなかった場合、肛門腺から臭気を噴霧します。

スカンクが尻から出すものは、厳密には放屁ではなく、肛門嚢の中にあるブチルメルカブタンと呼ばれる黄色い分泌液である。

その臭いは半端じゃない

皮膚に付着すると取り除くことは困難であり、分泌液が付着した衣服は脱臭が困難なため破棄せざるを得ない程だそうです。

微量の「ニオイの元」を研究者から取り寄せ、冷蔵庫で一時的に保管した時のこと。栓付きのビーカーに入れ、それを丸ごとガラス瓶に入れて、さらに厚手のビニール袋で七重に密封したにも関わらず、一晩で冷蔵庫が臭うように・・・。

スカンクの人形を使ったいたずらドッキリ動画。生息地に住む人達は身をもってその臭いを体験しているから、このリアクションなんでしょうね

スカンクを轢いた車、轢きたてのスカンクの上を通った車は廃車処分、中古では売れない、と言う話も聞くが。まともにスプレーを浴びた場合、洋服は廃棄処分、まともに浴びてなくとも、臭いは4ヶ月はとれないという話もある。

驚異の殺傷能力

無風で半径1キロメートル、風向きによっては2キロメートル圏内でも、独特の臭いに1ヶ月以上は悩ませられることとなる。

スカンクが放つ分泌物は高濃度の場合、人命に 関わることもある。一時的な失明や咳、吐き気を引き起こすことから、催涙ガスに例えられることもある。

貧血を起こす恐れも

スカンクスプレーの噴射に悶絶する犬

また液体に含まれるチオールという物質は、血液中のヘモグロビンの鉄原子を取り除いてしまう性質=つまり貧血を引き起こすので、近距離で大量にスプレーされた場合、ごく稀ではありますが死亡例もあるので要注意です。

まれに起こることは、メトヘモグロビン血症です。スカンクの臭気を浴びてから数時間から24時間に起こります。スカンクの臭気に含まれているチオールによってヘモグロビンが異常な状態で酸化されるためです。

感染症の媒介者でもある

スカンクはネコの仲間ですが、おならが臭いからということだけではなく、狂犬病の媒介であるため、また、ネコの仲間にもかかわらず、狂犬病を発症、凶暴化するため大変厄介であるということです。

では一体スカンクの臭いはどんな臭いなのか?

臭いの感じ方は人によって違いますが、ニンニクや硫化水素、焼けたゴムが混ざったような臭いと言われています。

スカンクの臭いは都市ガスの臭いに近いと言えますが、実際に嗅いでみた限りでは、都市ガスに加えてごま油のような匂いが混ざっている印象でした。

あれってもしかしてスカンク?と思っている間に、ごま油の匂いがぐーんと強くなって、なんか腐ったごま油になる。ゴムっぽい匂いが混ざってくるのだ。有機溶媒のような。だから、ちょっとオエってなる。

1 2