1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

gndgndさん

3日に開催されたフィギュアスケートのジャパン・オープンで復帰戦を迎えた浅田真央(25=中京大)が、意外なマイブームを明かした。

アッコにおまかせ 真央ちゃんの復活を支えた⁈ ㊙︎アイテムというのは既出の大人の塗り絵でした pic.twitter.com/7endIBPPxs

100本入っている色鉛筆を買って、細かい塗り絵に没頭しているという。リラックスしたり、集中力アップと、メンタル面で競技にプラスになる効果があるとのこと。

スポーツ新聞がこぞって「大人の塗り絵」を記事の見出しにしたが、浅田のファンたちも、
「バカ売れしそうだから、今のうちに買わなきゃ」と、動き出した。

京都ロフトのツイッターも、新聞記事が出たタイミングで、3階文具売場の商品「大人の塗り絵」を紹介している。

始まりの秋。 小さい頃夢中になったぬり絵とは一味違う、 大人の塗り絵始めてみませんか(*゚ー゚)? 3階=文具売場 pic.twitter.com/ebh68LBjqc

また種類が増えました(・∀・)イイネ!! 「ねこと花もようのぬり絵ブック」1,100円+税ほか、大人気の大人の塗り絵はハンズ池袋店6Fデザイン用品コーナーにて販売中です!来年の新しい趣味にしませんか( ´ ▽ ` )ノ pic.twitter.com/WXKy2ZfO9w

子供の塗り絵と何が違うのか?

イラストデザインの緻密さや複雑さが子供の塗り絵と全く違います。子供では表現することが難しい、表現力の高さを楽しむことができる内容になっているのが大人の塗り絵と言えます。

・デザインにそって色を塗るだけなので、絵が苦手な人でも楽しめる
・色の使い方ひとつでオリジナルの絵を描くことができる
・完成させると達成感が得られる
・脳の働きを活性化することができる
・集中力をアップさせられる
・ストレス発散やリラックス効果がある
・創造力を高めることができる

仕事に行き詰った場合にも効果が!?

出版社からのコメント
『ひみつの花園』の物語になぞらえて、色のない花園に、色を塗っていくことで、花園が美しくよみがえるというコンセプトの塗り絵ブックです。
テキスタイルのような美しい細密画が、色を塗ることで見違えるように美しくなります。いろいろな画材、塗り方で、がらりと違った雰囲気も楽しめます。できあがったその花園は塗った方だけのオリジナル。時々ページに入った、描くヒントにしたがって、自由に線を描き加えられるのも、本書の特徴。
花園が完成していく喜び、楽しさをぜひ。

見本があってそれを見ながら塗り重ねて近づけていくいわゆる大人の塗り絵スタイルではなく、細かいお花や虫の絵に自由に好きな色を塗っていく形式です。絵も書き出せと促しているページもあるので、自由度が高い方がお好みの方にオススメと思います。

こちらの商品も今回の報道を受けて、一時的に在庫切れになっていました。(2015.11.08現在)

とても細かいデザインですが塗り始めると時間を忘れます。
中には自分のデザイン等描ける?ページもあり楽しいですよ。

たくさんの方がはまってきています(Twitterでの反応)

大人の塗り絵、ひみつの花園みっつめ!娘とちょっと中国っぽいね~って話してた。色がかな?模様がかな? pic.twitter.com/wHJ50P80uC

原型削り途中、大人の塗り絵始めたら楽しくて止まらなくなってるでござる pic.twitter.com/8gk8mYV35E

これだ!と思ったら興奮して目が覚めた。笑 ずーっとやってみたかった大人の塗り絵 色鉛筆まだ持ってないけど、本は決定 #大人の塗り絵 #Paris #めも pic.twitter.com/JALiubBUTF

結局昨日買ってきた大人の塗り絵終わった~ 丸一日やってたから肩首腰めっちゃ痛い(笑) でも楽しかったから他のもボチボチやろ~っと pic.twitter.com/oDrTrGpq0q

1 2