1. まとめトップ

世界最小のウサギ「ネザーランドドワーフ」がかわいい!!

最近ペットとして人気が高まるウサギ。その中でも世界最小と言われるネザーランドドワーフの特徴とその魅力を伝えようと思います。関連ワード:おすすめ ペット ウサギ かわいい 小さい

更新日: 2017年07月06日

24 お気に入り 317912 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ペットして人気が高まるウサギ!!

近年、ウサギを家庭で飼う人が増えています。おとなしくマンションなどでも飼いやすいという点で人気が高まっているのでしょう。

小さいほうが、かわいらしさが上がりますよね!?そこで世界最小のウサギを紹介します。

それは「ネザーランドドワーフ」!

ネザーランドドワーフ(Netherland Dwarf)は、ウサギ科アナウサギ属の小型の飼いうさぎ(カイウサギ)の品種で、ネザーランドという名前からもわかるように、オランダ(正式呼称はNederland)で品種改良されて生まれたうさぎです。

現在ペットとして飼育されているウサギはイギリスのアナウサギを改良したものですが、「ネザーランドドワーフ」はその中でも最小の品種で、大人になった時の大きさは体重900~1200g程度です。

特にネザーランドドワーフは飼育スペースをあまり取らないため、都会に住む方の間で人気が高まっています。

体が小さいので飼育スペースにも困らず、エサも少量ですみます。また、体臭もほとんどなく、あまり鳴かないので、アパートやマンションで飼うこともできます。特に、一人暮らしでペットを飼いたいと思っている方には、飼育スペース・飼育費用などを考えるとかなりおすすめですよ。

大人になっても小さくて軽い!!

ネザーランドは、品種改良された最小のうさぎなので、成長しても1キロくらいにしかなりません

ネザーランドドワーフのドワーフ(dwarf)は、”姿形がとても小さい”ことを表す言葉で、ネザーランドドワーフは、その名のとおり、ペットとして飼われている飼いうさぎ(カイウサギ)の中で、もっとも小さいうさぎの品種として知られています。

オスとメスの個体差はあるの?

ネザーランドドワーフの体長は、オスがおよそ26cm、メスも体長26cmとほぼ同じで、個体差もありますが、オスのほうがメスよりもやや頭が大きい傾向があります。

 体重はオス、メスともにおよそ1kg前後で、丸い頭部に小さな耳が並んで立っている顔形に特徴があります、

毛色も独特

ネザーランドドワーフは、オターとマーチンと呼ばれる独特の毛色も特徴のひとつで、ロールバックとも呼ばれるアンダーコート(下毛)の密集したその被毛は、数多いうさぎの品種の中でも色のバリエーションが豊富なことで知られています。

毛色にはオターとマーチンという色があり、オターは耳の裏側の三角部分にもカラーがあり、マーチンは三角部分の毛色が白い。

寿命はどのくらい?

6年から最長で10年ほどです。ただ、8年を超えることは非常に珍しく、10年生きてもらうためには適切なエサと清潔な環境、ストレスのない生活が必要です。特に子うさぎのときは免疫力が弱かったり、体温調整ができなかったりするので細心の注意が必要です。

およそ5年から10年で、なかには13年以上も生きた事例もあるといわれています。

どんな性格なの?

また、非常に人に慣れやすい性格をしていて、抱っこやなでるといったスキンシップも嫌がらず、時には自分から甘えてくることもありますよ。

もともと活発な性格のうさぎで、とても人なつこいタイプと、どちらかといえば、あまり人に馴染まない気の強いタイプとに分かれます。全体としては、人になつきやすく、やんちゃな一面もある好奇心旺盛な性格を持ったうさぎの多い品種と考えていいでしょう。

飼い方のポイントは?

1 2