1. まとめトップ

年齢肌の悩みを上質オーガニックコスメが救う!?

若いピチピチのお肌は、どんな化粧品を使っても案外トラブルなく使えるもの。しかし、ストレスや加齢で肌力が低下してくる年齢肌には「上質」な化粧品が必要。そこで、大人の女性が使うべき「質の高い」スキンケアアイテムを紹介します。

更新日: 2016年03月18日

6 お気に入り 7783 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lNeeDさん

■「お肌の曲がり角」って、なにが起こるの?

よく言われる「お肌の曲がり角」。実感がわかず、今までと同じ化粧品でスキンケアをしていませんか?お肌の曲がり角は曲がっている時には気がつかないけれど、曲がり終わった時に肌トラブルで悩むことになりがち。
ハリがなくなってきたり、毛穴が開いて垂れている。くすみがちで乾燥気味。
そんな肌の変化を感じているのなら、「お肌の曲がり角」を曲がっている途中か曲がりきってしまったところかもしれません。
その肌トラブルや悩みの原因を知って、いつまでもみずみずしいしっとり美肌を目指しましょう。

■アラサーになると「お肌の曲がり角」が来る理由

妊娠や出産による女性ホルモンバランスの乱れによって、「お肌の曲がり角」がやってくると言われています。しかし、仕事や人間関係のストレスによる自律神経の乱れもお肌に深く影響しています。
女性ホルモンや自律神経の乱れによって、代謝が落ち、血の巡りが悪くなってしまうことで体だけでなくお肌のターンオーバーまで乱れてしまうことが肌トラブルの原因です。
どんなに高保湿な化粧品や高機能な化粧品を使っても、ホルモンや自律神経のバランスを整えることができないと、結局お肌の調子は崩れていってしまいます。
そこで、見直したいのが化粧品の「質」です。

■年齢肌に必要なのはお肌を自立させてくれるスキンケア

年齢肌のサインが表れはじめたとはいえ、アラサーの肌はまだまだ若く、美しくなる力が溢れています。そのため、シワ・乾燥に即効性があるような効力の強い化粧品を使うことで肌が化粧品に「依存」してしまいます。
化粧品に依存する肌はキレイになることをさぼって、どんどん効き目の強い化粧品でないと美しさを維持できなくなってしまうだけでなく、ホルモンバランスなどの根本原因を解消できないので、ちょっとしたことで肌が揺らいでしまいます。
超高機能な化粧品は60代・70代の頃の楽しみにとっておいて、今はまず「肌の美しさを引きだす」上質な化粧品を選びましょう。

■「上質な化粧品」ってどういうこと?

お肌が美しくあるために最も必要なものは「水」と「油」です。そして、化粧品の品質も6割「水」と「油」で決まります
精製水も良いですが、精製水より温泉水や海洋深層水などの方が肌なじみが良く、リラックス効果を感じますよね。化粧品も使われている「水」の質が高いほど、浸透し肌が応えてくれます。
油も同じで、「ミネラルオイル(鉱物油)」も敏感肌には低刺激で良いですが、もっとキレイになりたいと願うなら、植物の栄養が丸搾りされたオーガニックのオイルの方が美肌効果が高いです。

お肌のキレイになる力を引きだすために最低限必要な「水」と「油」の質にこだわった化粧品が「お肌の曲がり角」を迎えた女性に必要な「上質」な化粧品です。

■「上質」を肌で感じるオススメのスキンケア

「上質な化粧品を使いたい」と思っても、全成分以外の情報は不明なことも多く、質を見極めることができないのが現状です。
そこで、化粧品に配合されている成分の由来が表記されている「上質」な化粧品をいくつかご紹介します。

■RUHAKU (30~40代に特におすすめ)

■Simplicite (40代からの本気のエイジングケアに)

■ドゥーオーガニック (40~50代に特におすすめ)

■PHYT’S アロマライアンス (50~60代に特におすすめ)

1