1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tamusiroさん

成長ホルモンの効能とは?

正しい睡眠をとり成長ホルモンがしっかり分泌する事で7つのいい効果がもたらされます。
慢性疲労の改善
ストレスの解消
不眠症の改善
免疫力を高める
アンチエイジング効果
ニキビ肌の改善
ダイエット効果

成長ホルモンはいつ出ているの?

成長ホルモンは絶えず分泌されているものではなく、分泌されるタイミングがあります。

運動後などもその対象となりますが、多くは睡眠中に分泌されます。

そのため、睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減少し、毛髪の形成に必要なタンパク質の合成が十分に行われなくなることから、体調不良など色々な原因になります。

成長ホルモンは、皮下組織の水分を保つ「肌弾力保持」の働きや、肌のターンオーバーをうながす働きを持っています。紫外線を浴びても肌がボロボロにならないのも、成長ホルモンが肌の細胞を生まれ変わらせてくれるおかげです。

まさに天然の美容液ともいえる成長ホルモンです

成長ホルモンをたくさん出すコツ

空腹を感じてから食べる
しっかりお腹が空いたという感覚を感じてから食べること。空腹を感じると胃の壁を刺激するグレリンが分泌され、成長ホルモンの分泌を促します。小腹が空いても間食はダメ。食事と食事の間をあけて空腹を保ってから食べましょう。

たんぱく質は1日100g
バランスが大切。1日2,000kcalの食事なら2割にあたる100gをタンパク質摂取の目標に。簡単そうですが、鶏のささみ100gを食べても摂れるタンパク質量は23g程度。毎食に必ずタンパク質を取り入れてコツコツ取りましょう。

血糖値を上げない
体内の血糖値が上がると成長ホルモンの分泌が抑制されます。急激に血糖値を上げないように、食事はゆっくり、よく噛んで。先に繊維質の多い食材、肉、炭水化物という食べ順はダイエットだけでなく成長ホルモンの分泌にも効果的。

1