1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「あさが来た」で宮崎あおいが演じるはつは、史実では25歳で早逝した
はつの人気により、長生きをさせるよう脚本が変更になったとNHK関係者
新シナリオの撮影も始まっており、16年2月ごろから放送される予定だという

「絶対に妾を描くべきだ」という漫画家の小林よしのり氏のコメントだ。史実では、主人公・あさ(波瑠)のモデルである広岡浅子と夫・信五郎の間には娘しか生まれなかった。そこで浅子の実家から呼び寄せた女中を妾にして、彼女が産んだ男児は後に浅子らが創業した大同生命の社長となった。
 
 こうした史実に基づき、「正妻と妾の葛藤や当時の道徳観を正確に描くため、妾をドラマに登場させるべきだ」と小林氏が訴えると、「男尊女卑の象徴である妾など論外」「明治に妾は当たり前だったので登場させろ」「NHKは批判を避けているのでは」と視聴者の間で熱い議論が飛び交った。

 妾は歴史を語るうえで、無くてはならない存在になることもある。
 
「高杉晋作の妾・おうのは晩年の逃避行に同行し、伊藤博文の妾・梅子はのちに夫人となり夫を支えていたそうです」(歴史研究家・河合敦氏)

萬田久子の、ネズミの鳴き声のモノマネが上手すぎると話題に

「山王寺屋」がつぶれ、現在はほったて小屋でつつましく暮らす眉山一家。「山王寺屋」の女将であるプライドを捨てきれない菊は、あいかわらず口を開けば嫌味ばかり。はつ(宮崎あおい)の幼い息子にすら、「あんたの子守りなんかせえへんさかい」「あんたなんかただの小っちゃいションベン垂れや!」などと暴言を吐く暴君ぶりだ。

すると突然、加野屋の女将・白岡よの(風吹ジュン)がはつを訪ねに来る。よのを部屋の中へと通すはつだが、加野屋の女将に今のみすぼらしい姿を見せたくない菊は部屋の柱にとっさに身を隠す。はつと息子を加野屋で引き取りたいと提案するよのだが、今の暮らしに満足しているはつは、半ば強引なこの提案に困り顔を浮かべる。すると突然、どこからか「チュッチュッチュッ・・・」と音がするのだ。

「萬田久子」【まとめ】画像あり有働アナ、びっくりしすぎて生放送中にまつげが取れる放送事故www ◇ jp.quumu.com/u/mjD/16oX pic.twitter.com/oD98Yj90aS

1