1. まとめトップ

【BLノベル限定!】美しいブックデザインたち-小説版【装丁】

ずーっとやりたかった、BL小説しばり。BL漫画同様に、最近のBL小説の装丁って素敵ですよね。レーベルさんごとに色が違うのも楽しいです。ただ、まだまだBL小説に疎いので、間違いがありましたらすみません…_随時更新

更新日: 2015年12月17日

31 お気に入り 31049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

macaroni_さん

「美しさに、息がつまる」装丁

装画:葛西リカコ

葛西リカコ先生の装画が、とにかく、めちゃくちゃ美しい。
タイトルも、ここに載せるのか〜…!(しかも手書き風!)と勝手に唸りました。
ピンク色のぼわっとしたぼかしで、
柔らかいながらも色気を感じます。


http://www.amazon.co.jp/dp/4199007806/ref=cm_sw_r_tw_dp_etpywb1CPW7W7

ここ最近で一番痺れた装丁…。
初めて見た時、三度見くらいしました。
すっごい綺麗、美しい。

装画のオレンジと、タイトルの墨文字の合わせ方が
たまりません。

ものすごいシンプル…!画集みたい。
普通、レーベル名とか、挿絵の方の名前を
入れるのが定説かと思うのですが、
本当に必要最低限で驚きました。
こんなBL装丁もあるのですね〜

表紙に、ざらついた紙(ヴァンヌーボ??)をPP無しで使っっているところも好きです…。

美しいというよりも、少し切ないイメージの装丁。
虹がかかっていて綺麗な景色なのですが、
ものすごく淡々としていて、
見ているとしんみりとします。

yoco先生の装画の美しさたるや…!
下のシリーズと並べて飾りたいです。計算された美しさ。

私は明朝が美しく使われている装丁にとても弱いです。
この装丁も、文字の大きさ・重なり・ずらし方が
とても美しくて素敵。
作者さんの名前のローマ字の入れ方も、綺麗です。

人物にかからない、ギリギリのところまで
文字が載っているのに、嫌な感じがしないのは
文字の色やバランスが整っているからなのでしょうか。すごい。

yoco先生は、神の手をお持ちなんでしょうか…。こんなタッチまで。
アール・ヌーヴォーを意識されているのでしょうか? 全体の雰囲気が、絵画のように美しいです。

無駄がなくて、文字の載せ方が整っていて、
見かけたら手に取ってしまいそう。
イラストの空いている部分で、美しく、
でもコンパクトになりすぎないようなまとめ方が素敵。

文字の切れ方とか、
大小の取り方が計算されていて美しい!
木下先生の装画も相まって、
消え入りそうな切なさも感じます。
少し文字が透けているところも好きです。

全巻ぬかりなし!「ボディガード」シリーズの装丁

シリーズ通して、細い線がキーポイント。
どの巻も、背景の色味がとても綺麗で目を引きます。

この巻だけ雰囲気が違って可愛い。
細い線も、無機物ではなくて
葉っぱやお花を模した形になっています。

「かっこいい!スタイリッシュ」な装丁

装画:高階佑


本編の装丁と印象がガラッと変わりましたね〜!
消えかかった文字の置き方や、書体が美しい&かっこいいです。色味も。

カタカナの形を崩しまくっているけど、
ギリギリ読める感じとか、
立ち入り禁止と言わんばかりの黒いバーで、
物語の妄想が膨らんでワクワクします。

装画の書き込みと、
大胆ながらも細い文字の重なり方が美しいです。

BL小説って、いかにも!みたいな装丁が
多いイメージなので、この装丁にはびっくり。
人物の目線と、二人の間に置かれた
タイトルの血痕のようなイエローが効いてます…!

全体のバランス、色味、絶妙で好きです。

SHY文庫さんは、素敵な装丁が多いですね〜。
こちらも一見BLには見えない!
欧文タイトルの印象が強くて、
洋書を翻訳した本のように見えます。

ゴシックな枠と、絵の色味が相まってかっこいい〜。
交渉人シリーズは普段は違うデザインみたいですね。(見て驚きました)

あと、初めて知ったんですが、BL小説って
「〜記念」とかがあるんですね。
BL漫画でもやってほしい…!

あっかいエンジ色の枠と、太めのゴシックが印象的。
BL特有の甘い印象が薄いのも、逆に気になる。

ひえー線画!しかもこのブルー!かっこいい…!
人気作家さんならではだなあと思います。

若手の作家さんだと難しいけど、
装画の方も著者さんも人気があるからこその装丁。

もはやBLに見えない?素晴らしき「ヘブンノウズ」シリーズの装丁

1 2 3

関連まとめ