1. まとめトップ

日大氷山の一角、山岡永知氏。山口組系元組長から借金、日大名誉教授を解職処分

【本当に借りたの?貰ったんじゃないの?】法学を教える立場の教授が暴力団幹部から大金を借りる。突如、発覚した関係者の黒い交際に日本大学が揺れている。事者の山岡永知(やまおかながとも)名誉教授(77)には解雇を含めた厳正な処分が下る見通しだが、この先生「悪いという認識は希薄のようだ」というから一同唖然。

更新日: 2018年10月12日

1 お気に入り 12342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ri-zさん

「ビジネスパートナーを通じて元幹部と知り合い、その時点では反社会的勢力に属する者と認識していなかったものの、直後にネットを通じて知ったが付き合いを継続してしまった」

「日頃からつきあいがあり、軽い気持ちで借りた。これまで返済を求められていないので借りたままだが、そのうち返すつもりだ。反社会的勢力だからすべてが悪いというのはおかしいと思う」

「大学と学生に大変な迷惑をかけた。脇が甘かったと、非常に後悔している」

「10年前と8年前に1千万円ずつ借り、海外での投資の資金に充てた。返済義務は認識している」

▼元組長と大金のやり取りをしていたことが明るみに出た山岡永知とは?

名前:山岡永知(やまおか ながとも)
生年月日:1938年(77歳)
出身:東京都
専攻:英米法、国際取引法
所属:日本大学大学院法学研究科

・法学のスペシャリストである山岡永知氏、法の目を潜り抜ける抜け道を見出していたのか?

東京生まれ。日本大学大学院法学研究科修士課程修了、ジョージ・ワシントン大学大学院修士課程比較法学専攻修了、チュレーン大学(英語版)ロースクール卒業。1986年日本大学法学部専任講師、1995年同教授、2008年定年退職、同非常勤講師。グアム弁護士、アメリカ法曹協会会員、国際法曹協会会員。親族に日本大学第3代総長の山岡萬之助がいる。

東京行政相談委員協議会会長、東京都杉並区担当行政相談委員、総務省「行政相談委員制度の在り方に関する研究会」構成員を務めた。また、株式会社新日本経済投資顧問代表取締役でもあった。

2015年11月10日、指定暴力団山口組の元幹部から借金をしていた問題で日本大学の非常勤講師の職を解雇され行政相談委員の委嘱を解かれたと報じられた。

▼記憶に新しい、日大理事長と山口組6代目の親密写真

どこかのクラブで撮られた写真で、左に座っているのが日本大学の田中英寿理事長。右のノーネクタイのスーツ姿が山口組6代目の司忍(本名・篠田建市)組長である。

▼日本大学、会見を開く

日大広報部は「教育に関わる者が暴力団関係者と交際することは極めて遺憾だ」としている。

日大広報課は「今まで以上に反社会的勢力との関わりが不適切との認識を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを発表した。

日大の担当者は会見で、名誉教授について「事実を認めたが、悪い(ことをした)という認識は希薄に見えた。社会的認識が欠如していたのは間違いない」

大学の広報担当者は「悪いという認識は希薄なような感じを受けた。昔からの友人との認識で、反社会勢力という感覚は持っていないようだ。謝罪の言葉もなかった」としている。

▼総務省コメント

総務省は10日、男性名誉教授が務めていた行政相談委員の委嘱を9日付で解いたことを明らかにした。「委員としてふさわしくない行為があった」と判断した。

▼法学を教える立場の教授が指定暴力団山口組系元組幹部から大金を借りる...とんでもない事態が起きていた

「数年前に山岡氏の周辺にいる日大出身のブローカーが、日大OBに手当たり次第に声を掛けて海外への投資話を持ちかけていた。ブローカーは『名誉教授が代表をしているから間違いはない』と触れ回っていた。『カネもうけに名前を利用されているな』という印象を受けた」

事情を知る別の日大関係者

1 2 3