1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

たくさんオイルを搾り取ろうとして果肉を加熱してしまったもの、タンクに溜まった澱を除去する手間を惜しんで、タンクの中の澱が腐敗発酵してしまったもの、あるいは前年かそれ以前の古い劣化したオイルを混ぜて瓶詰めしたもの、そして中には、オリーブオイルに安価な他の油を混ぜたものなど、もはや枚挙に暇がありません。

 ここまでくると、それは「手間を惜しんだ」といった次元のものではなく、悪意に満ちたものです。そして当然ですが、それらのオイルには、本来エキストラバージンオリーブオイルだけが持つすぐれた健康効果も期待できません。

 では、こうしたひどい品質のオリーブオイルは、どのくらい多いのでしょう? 

 店頭で販売されているオリーブオイルのほとんどに、最高品質規格である「エキストラバージン」と明記されているのを見れば、そうしたひどいオイルは少数、と勘違いしてしまいそうですが、実際は、最大生産国のスペインで作られるオリーブオイルのうち、「エキストラバージン」規格に該当するものは、たった2割程度

あー!お菓子にオリーブオイルはバター品薄対策なのか!個人的にはオリーブオイルよりココナッツオイルでしょー!

専門誌が6月に品質を調査して疑惑が浮上し、伊当局が捜査を開始した。 対象には、世界的に有名なメーカー「ベルトーリ」が含まれているとのこと。/ 普通のオリーブオイルを、最高品質に偽装販売? 有名食品メーカーを捜査 伊 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

【油脂】普通のオリーブオイルを「エキストラバージン」と偽って販売した疑い、イタリアの有名メーカーを捜査 2-ch.blog.jp/archives/10448…

1