1. まとめトップ
  2. カラダ

初心者は夜がいいって本当?夜のランニングはメリットだらけだった

1人でも友達とでも家族とでも。誰でも簡単に始められるランニング。でもなんかちょっと恥ずかしい…と思うことってありませんか?それなら夜に走るのがオススメです。その理由をまとめてみました。

更新日: 2015年11月13日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 64799 view
お気に入り追加

▼簡単に出来て、道具も場所も必要ないランニング。

1人でも友達とでも家族とでも。
誰でも簡単に始められるランニング。

2015年、日本国内のランニング人口は1000万人を超えたと言う。
約12.6人に一人がランナー。

▼始めようと思っている人も実は多い!

そして唐突にランニング始めたい衝動がぶり返してきてしまった。シューズ見に行くか…。

夜にランニングしたいなー!ランニングシューズとか服とか集めてランニング始めたいな!夜に走ってる人見ると羨ましい一緒に走りたいって思っちゃうもんなー。

▼年齢を重ねるごとに減って行く基礎代謝量。

基礎代謝は、私たちの身体を動かす基本的なエネルギー。筋肉が少なく脂肪が多いと、基礎代謝量が少ないので痩せにくい身体になってしまいます。

基礎代謝とは、あおむけになった状態で24時間過ごしたときに使われるエネルギーのこと。1日の消費エネルギーの約7割を占めています

成長するにつれ高くなり16~18歳前後でピークをむかえた後なだらかに下降線をたどり40歳を過ぎると急激に落ちるといわれています

「昔と比べて食事の量は増えていないのに太ってしまう」という場合がありますが、それは、基礎代謝の低下が原因のひとつと考えられます。

▼太りたくない、健康を維持したいなら運動をするしかない!

年齢を重ねると、太りやすくなったり、疲れやすくなる。それに抗うには運動量を増やすしかない。

生涯健康に毎日過ごしたと希望するならば、運動は必要です。

「年齢を重ねるにつれて代謝が落ちて太ってきてしまった。なかなか痩せられない」「数年前に比べると体型が崩れてきてしまって思うように洋服が着こなせない」

□ランニングを始めてみようかな…それなら夜!その理由って?

1つの方法としてオススメしたいのは、「夜ランニング」

●紫外線や熱中症の心配をしないで済む。

昼間だとどうしても気になるのが紫外線。
夜ならその心配もいりません。
今の季節なら、熱中症の心配もいりませんよね。

気温が低いため筋トレや有酸素運動などの運動活動を行なっても熱中症等の心配が無い。

●長い距離を走れるようになる。

夜なら既に身体が温まっているので動かしやすく、長く走れるようになります。

体がすでに温まっているので朝よりもウォーミングアップは短くて大丈夫。体を動かしやすく、長くランニングを楽しむことができます

最初は5kmから始めて、10Km、ハーフマラソン、と走行距離を伸ばしてゆくと、気づかないうちに驚くほど長距離を走れるようになっていたりします。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう