1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ ドラマ「フジコ」の完成披露試写会に尾野真千子が登場!

本日11月12日、Hulu製作のドラマ「フジコ」の完成披露試写会が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、主演の尾野真千子、原作者の真梨幸子、演出の村上正典が出席

■ 尾野さんにとって7月の結婚後、初ドラマとなるそう!

第28回東京国際映画祭

尾野は、7月末にEXILEらが所属する芸能事務所「LDH」の専務を務める男性と結婚

尾野はEXILEメンバーとの共演が多く、男性とは打ち上げなどで親交を深め、ともに明るく酒好きであることから意気投合。昨夏から交際をはじめて約1年での結婚となった

撮影は5月末~8月初旬で、その間の7月27日に結婚を発表。独身最後で結婚後初のドラマとなった

しかし、幸せいっぱいな私生活とは真逆で

■ 読んだ後、ちょっと嫌な気分になる「殺人鬼フジコの衝動」が原作!

イヤミス(後味が残るミステリー)の旗手として注目を集めている真梨幸子原作の50万部を超える大ベストセラー小説『殺人鬼フジコの衝動』

一家惨殺事件で唯一生き残った少女フジコが成長し、幸せを追い求めながら狂気の殺人鬼へと変貌していくさまを描いたミステリー。

脚本を「凶悪」「14歳」の高橋泉が手がけ、尾野のほかには谷村美月、丸山智己、リリー・フランキー、浅田美代子、真野響子らが出演に名を連ねる。

地上波では映像化不可能と言われた衝撃的な描写かつ、読後にイヤな気分になる、後味が悪いミステリー“イヤミス”と話題の真梨さんの小説をネット配信サービス「Hulu」が全6話で映像化

尾野さんは、このドラマの中で

■ ファンデーションすら塗っていないすっぴんを披露!

「面会室のシーンはノーメイクです。よく言う、ファンデーションはしてる“スッピン風”ではなく、ホントのノーメイク(笑)!」ときわどい発言で会場をわかせる。

「本当のノーメイクを貫こうと思って。心残りなのは、年齢を重ねていくのでちょっと老けなければならなかったのが、よくも悪くも若く見えてしまっている」と明かし、観客を驚かせた。

そんな尾野について村上は「完璧ですよ。本当にノーメイクなんですけど、計算外に綺麗でしたね」とべた褒め

しかし、過激すぎると言われた今作

■ すっぴん以外にも、厚みを感じるくらい血の海になるシーンもあるという!

「脚本に“血の海”と書かれていたシーンでは、美術さんが厚みを感じるくらいの血の海を作ってくれたんです」と村上が明かす

ロケ中には相当な量の血糊を浴びたようで「普通なら何かの容器に入っているものをつけたりするんですが、今回は地面にあるものをもらってきてペタペタと(笑)。今年はハロウィンでも血糊が流行ったので、今年は血糊イヤー?(笑)」と笑わせた。

「フジコ」はHulu/J:COMにて11月13日(金)より独占配信開始。

■ 最初、尾野さんはこの作品に出演することを悩んだという!

1 2