弁護士を頼まなければならなくなったら、保険会社が弁護士費用を補償しますよ、というモノです。 この特約が付いていれば、弁護士費用を気にすることはなく、依頼をしてください。その限度額は300万円まで補償という内容が多く、ちょっとした交通事故の賠償問題であれば、十分にまかなえる金額でしょう。
(運転していた人が入っている保険以外でも適用がある場合が・・・)
・自宅の火災保険
・家族の加入している保険
・クレジットカードについている保険

もちろん、弁護士費用特約がついていなくても弁護士に依頼して大丈夫です。弁護士に依頼することによって損をする場合は、ほとんどの弁護士が委任契約前にその旨を教えてくれます。その際は依頼を取りやめればいいのです。

相談のみでもこの特約は使えます!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【慰謝料・泣き寝入り厳禁!】交通事故で弁護士はここまでしてくれる

交通事故の慰謝料、示談金なら弁護士に解決してもらいましょう。後遺症の悩み、増額交渉、クライアント最優先で、あなたに損させることはないでしょう。あなたの弁護士を探しましょう。 子供が事故で脳に障害を負った場合(高次脳機能障害)、成年後見や信託を利用することも弁護士なら対応可能です。

このまとめを見る