加害者側からの示談提示は低い金額から始まります。一般の人々にとってその金額が妥当なのか?安いのか?高いのか?判断することはできません。
また、日本人特有の「奥ゆかしさ」「遠慮」によって低い金額で示談書を締結してしまうと、最低限必要な治療にかかるお金すら取得することができなくなってしまいます。
こういう場合にこそ、「クライアント優先」の弁護士を利用しましょう。
弁護士が介入することによって、示談の際の基準が変わることをご存知でしょうか。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【慰謝料・泣き寝入り厳禁!】交通事故で弁護士はここまでしてくれる

交通事故の慰謝料、示談金なら弁護士に解決してもらいましょう。後遺症の悩み、増額交渉、クライアント最優先で、あなたに損させることはないでしょう。あなたの弁護士を探しましょう。 子供が事故で脳に障害を負った場合(高次脳機能障害)、成年後見や信託を利用することも弁護士なら対応可能です。

このまとめを見る