本当なんです。どうして?と思われる方も多いと思いますが、できるんです。
弁護士は後遺障害認定の際に必要な書類やポイントを経験や知識を持っています。保険会社がこういう対応ならこうすればいいということも知っているのでアドバイスが可能なのです。
保険会社は積極的に治療を打ち切ろうとする場合がありますが、「身体が痛い」「以前より関節が動かない」等治療を継続したい場合も弁護士に相談してください。
後遺障害の認定を受けるための通院アドバイスもしてくれます。
交通事故・医療に精通した弁護士で医師より症状の説明がうまい人も中にはいるので、相談した場合に驚く人もいるのではないでしょうか。
骨模型や人体模型を設置している事務所も増加しています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【慰謝料・泣き寝入り厳禁!】交通事故で弁護士はここまでしてくれる

交通事故の慰謝料、示談金なら弁護士に解決してもらいましょう。後遺症の悩み、増額交渉、クライアント最優先で、あなたに損させることはないでしょう。あなたの弁護士を探しましょう。 子供が事故で脳に障害を負った場合(高次脳機能障害)、成年後見や信託を利用することも弁護士なら対応可能です。

このまとめを見る