示談書の確認だけだと弁護士に相談しにくい、と思われる方もいるでしょうが、問題なくチェックだけでもご相談はできます。
示談書を取り交わした後には、その示談内容を覆すことはできません。漏れのない示談書を取り交わす必要があります。
弁護士であればそういったミスもなく示談書を締結します。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【慰謝料・泣き寝入り厳禁!】交通事故で弁護士はここまでしてくれる

交通事故の慰謝料、示談金なら弁護士に解決してもらいましょう。後遺症の悩み、増額交渉、クライアント最優先で、あなたに損させることはないでしょう。あなたの弁護士を探しましょう。 子供が事故で脳に障害を負った場合(高次脳機能障害)、成年後見や信託を利用することも弁護士なら対応可能です。

このまとめを見る