稀にですが、子供が高次脳機能障害となってしまう場合があります。将来親が先に死んでしまった時に、子供が自分でお金の管理をして生きていけるかというと不可能です。
その場合に信託や後見人という制度が存在します。それらの手続き、アドバイスも弁護士は同時に可能となります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【慰謝料・泣き寝入り厳禁!】交通事故で弁護士はここまでしてくれる

交通事故の慰謝料、示談金なら弁護士に解決してもらいましょう。後遺症の悩み、増額交渉、クライアント最優先で、あなたに損させることはないでしょう。あなたの弁護士を探しましょう。 子供が事故で脳に障害を負った場合(高次脳機能障害)、成年後見や信託を利用することも弁護士なら対応可能です。

このまとめを見る