出典 iarumasさんがアップロード

銀行の商品名の信託とは全くの別物です。弁護士、税理士、司法書士に相談しましょう。

いろいろなパターンがありますので、無料相談をして、自分にあった信託方法を考えるとよいでしょう。
遺言書や任意後見契約とセットにする人も増加しています。
「財産管理を託せる人がいない」
「老後の安心設計のため」
「高齢な配偶者のため」
「障害をもった子のため」
の制度でもあります。

この情報が含まれているまとめはこちら

【ボケてからでは遅い!】退職後の生活を守れ!成年後見人・ホームロイヤー

認知症になる前にできること。民事信託(家族信託)、成年後見人、任意後見人などを利用する方法をまとめました。高齢者を狙った詐欺被害対策が必要です。ホームロイヤーという弁護士の活用方法があります。独居の方は訪問販売・電話勧誘に要注意です。消費者被害は防げます!生活保護、年金、老老介護、老後資金対策にも。

このまとめを見る