出典 iarumasさんがアップロード

将来の判断能力の低下に備え、任意後見契約を弁護士と締結した場合、同契約の発効までに時間がかかります。それまでに、ホームロイヤー契約を締結して、弁護士に日常的な相談をしておくと、あなたの意思・希望・生活状況が弁護士によく伝わり、将来の任意後見人としての活動がやりやすくなります。

この情報が含まれているまとめはこちら

【ボケてからでは遅い!】退職後の生活を守れ!成年後見人・ホームロイヤー

認知症になる前にできること。民事信託(家族信託)、成年後見人、任意後見人などを利用する方法をまとめました。高齢者を狙った詐欺被害対策が必要です。ホームロイヤーという弁護士の活用方法があります。独居の方は訪問販売・電話勧誘に要注意です。消費者被害は防げます!生活保護、年金、老老介護、老後資金対策にも。

このまとめを見る