出典 iarumasさんがアップロード

独居の方は対策が必要。死後事務委任契約で決められることの例

・遺体の引き取り
・ペットの引き取り、その後の養育
・親族や友人知人、関係者への連絡
・通夜、告別式、火葬、納骨、散骨、埋葬、永代供養に関する事務
・死後の病院や入所施設の居住空間の明け渡し
・治療費や施設の入居料などの支払い
・家賃・地代・管理費などの支払いと、敷金・保証金などの支払い
・パソコンのSNSのアカウント削除やデータ消去
・役所への届け出書類の業務
・上記以上の各事務に関する費用の支払い
・上記作業するために●●さんに○万円預託する。

この情報が含まれているまとめはこちら

【ボケてからでは遅い!】退職後の生活を守れ!成年後見人・ホームロイヤー

認知症になる前にできること。民事信託(家族信託)、成年後見人、任意後見人などを利用する方法をまとめました。高齢者を狙った詐欺被害対策が必要です。ホームロイヤーという弁護士の活用方法があります。独居の方は訪問販売・電話勧誘に要注意です。消費者被害は防げます!生活保護、年金、老老介護、老後資金対策にも。

このまとめを見る