過剰な延命治療を打ち切って、自然の死を迎えることを望む人が多くなってきていますが、その顕れとして、事実実験の一種として、「尊厳死宣言公正証書」の作成例も見られるようになってきました。
「尊厳死宣言公正証書」とは、嘱託人が自らの考えで尊厳死を望む、すなわち延命措置を差し控え、中止する旨等の宣言をし、公証人がこれを聴取する事実実験をしてその結果を公正証書にする、というものです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ボケてからでは遅い!】退職後の生活を守れ!成年後見人・ホームロイヤー

認知症になる前にできること。民事信託(家族信託)、成年後見人、任意後見人などを利用する方法をまとめました。高齢者を狙った詐欺被害対策が必要です。ホームロイヤーという弁護士の活用方法があります。独居の方は訪問販売・電話勧誘に要注意です。消費者被害は防げます!生活保護、年金、老老介護、老後資金対策にも。

このまとめを見る