1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

m.strong.9さん

お腹の張りの原因としてまず考えられるのが、
ガスによるものです。

特に女性の方は約95%が何らかの悩みを持っており、
中でもハリ感は57%の方が感じているそうです。

腸で作られるガスは、大人で400~1500mlを分けてオナラとして出しています。

健常者では、平均1日10~20回はオナラをしているという調査があります。

休憩。お腹にガスがたまってなんどもトイレに…疲れるわー(´× ×`)

ていうか今日お腹ずっと苦しいwww 苦しいってかガス溜まっててめっちゃ屁こきそうになるwwwwww

ガスが溜まりやすい人の特徴4つ

座ってる時間が長かったり、同じ姿勢を長時間していると
ガスがたまりやすいといわれています。

特に女性はストッキングやタイツなどを履いて締め付けられているので腸を圧迫し、働きを鈍らせてしまいます。

また、職場でなかなかトイレに行けない、外でおならをするのは恥ずかしくて我慢してしまう‥といった事も腸に負担をかけてしまう原因となり、結果的にガスを体内に溜め込んでしまう状態になってしまうんです。

炭酸飲料は、お腹の中で炭酸ガスを大量に作り出します。

もともと腸の中に発生するガスと炭酸ガスが合わさってお腹に張りを感じるようになってしまうので、炭酸飲料やビールなどの飲みすぎには注意するようにしましょう。

脂質やタンパク質の多いものを食べすぎると腸内に悪玉菌が増えてしまいガスの原因に。

腸に汚れもこびりつきやすくなってしまうので、くれぐれも摂りすぎには注意しましょう。

お腹の中にたまった老廃物が、体内に残ったままだと、腸内環境は悪化していきます。

腸内環境の悪化は、悪玉菌の増加をまねくことに。
腸内の悪玉菌は、腐敗ガスを発生させて、どんどんお腹が張っていくというメカニズムです。

「ぜん動運動」とは、便やガスを排出する腸の動きのこと。

腹筋からの圧力で腸の動きを助けるため、腹筋が弱い女性や年配の方は、ぜん動運動も弱くなりやすいのです。また、特に生理前の女性はホルモンバランスの変化によりぜん動運動が弱くなりやすいと言われています。

1日5分でできる。ガス抜きマッサージ

押す時は、ゆっくりと腹式呼吸を行い、
息を吐く時に両手の指を重ねて「の」の字に
じわっと押していきます。

タイミングとしては、できれば起床直後、朝食を食べる前が良いでしょう。

目覚めてすぐは、1日のうちでも最も腸の運動が活発化しやすいため、少し刺激してあげるだけでガスが出やすくなっているのです。

ヨガでガス抜き!

出典cupie.biz

あおむけに寝て、両ひざを抱えます。
息を吐きながら両腕でひざを胸に引き寄せ、
上体を起こします。

このとき、太ももを下腹に押しつけ、お尻を持ち上げ呼吸を5回します。これで自然にガスが抜けます。

まず、足をそろえてうつ伏せになります。手の平を下にして肩の横の床につけます。息を吸いながら、ゆっくりと胸を反らします。

おへそは床につけたまま、気持ちよく感じるところで呼吸5回分ほど静止します。息を吐きながら、ゆっくり元に戻します。

出典yogajo.jp

まず、あおむけに寝て、腰の幅くらいに両足を開き、両ひざを曲げます。手の平を床につけて両腕を30度くらい開きます。

ゆっくり息を吐きながら、お尻・腰の順に床から離します。このとき、背中の上部は床にくっつけておきます。そのまま呼吸5回分静止します。息を吐きながら、お尻・腰の順にゆっくり戻します。

両膝を曲げて座ります。左膝を外側に倒して、右足を倒した左膝にクロスさせます。

背筋を伸ばして息を吸い、吐きながら上体を右にねじります。このとき、左腕は右足の右側につけ、右手の甲は腰の左側にあてましょう。そして、手首と指はリラックス。心地良く感じるところで呼吸5回分ほど静止します。

毎日の腸活が大事!

便秘だけでなく、下剤の乱用、冷え性、
ストレスや早食いもガスを溜め込む原因になります。

できることから少しずつ改善を目指していくと、
必ず良い結果につながるはずです。

1