出典 ja.aliexpress.com

同窓会幹事は何人かで協力してやるという方法が、一番お勧め

同窓会参加者を募ったり、名簿を作ったり、会場の予約やら企画やらで同窓会の幹事さんは大変です。
そこで、メイン幹事さんを2~3人人数が多い場合はサブ幹事さんまで集めることから始めましょう!!
一人ひとりの負担がかなり軽くなります。
連絡はメールやLINE、FACEBOOK、専用のHPを立ち上げておくなどの方法をとると、時間に縛られず、より便利に情報交換ができます。
また、当日も「遅れてくる人のために受付に縛られて終わってしまった」なんていう事態を避けるためにも、幹事さんが何人もいれば交代制が取れますし、役割分担もできますよね。しかも、同窓会の成功の達成感を分かち合える仲間にもなるんです。

この情報が含まれているまとめはこちら

同窓会を開催するときの手順と幹事が気をつける事(事前準備編)

久しぶりに昔の仲間と会うことができる同窓会は楽しいものです。しかし、幹事になってしまったら楽しいだけでは済みませんね。やることが盛りだくさんです!

このまとめを見る