1. まとめトップ

フランスの自動車販売台数ベスト10

2014年のフランスの自動車販売台数ベスト10をご紹介します!

更新日: 2015年12月06日

0 お気に入り 1154 view
お気に入り追加

第1位 ルノー クリオ

ルノー・クリオは1990年に登場した小型車で、ベストセラーだったルノー5の後継車として投入されました。2012年にモデルチェンジされた現行モデルは4代目で、日本の禅からヒントを得たZENというグレードも存在します。5ドアハッチバックの他、2013年にはステーションワゴンもラインナップに加えられました。日本では商標権の関係でクリオという名称を使用できず、ルーテシアの名前で輸入されています。

第2位 プジョー 208

プジョー208は207の後継モデルで、2012年のジュネーブモーターショーでデビューしました。全体的に207よりも小型化・軽量化が施された他、それまでの大型グリルは縮小され、ややおとなしい印象となりました。ボディはハッチバックのみで、3ドアと5ドアから選択可能です。また、スポーツモデルのGTIは3ドア仕様のみとなります。

第3位 ルノー キャプチャー

2013年にデビューしたルノー・キャプチャーは、2011年のジュネーブモーターショーで公開された同名のコンセプトカーに由来しています。ルノー・クリオをベースにした小型のクロスオーバーでSUVで、フランスでは0.9L/1.2Lのガソリンエンジンと、1.5Lのディーゼルエンジンから選べます。

第4位 プジョー 308

プジョー308は2007年にプジョー307の後継車としてデビューしました。2013年の秋にモデルチェンジが発表された現行モデルは、モデルチェンジの度に社名を変更するプジョーの慣例では名称が変更されるはずでしたが、そのまま308と名付けられました。これは、2012年に発表された、全てのモデルが末尾1あるいは8の名称を持つというプジョーの新ナンバリングシステムによるものです(末尾1は新興国向けモデル)。

第5位 シトロエン C3

シトロエンC3は、シトロエン・サクソの後継車として2002年にデビューしました。現在はモデルチェンジした2代目がフランス、スペイン、スロバキア、ブラジルで生産されています。C3の最大の特徴は、ヘリコプターのキャノピー(風防)をイメージしたフロントウィンドウです。運転席の頭上にまで迫る窓ガラスによって上下108度の視界が確保され、頭上の標識や信号も見やすくなっています。Zenithとよばれるこのウィンドウは最上級モデルには標準装備、その他のモデルには460ユーロでオプション装備可能です。

第6位 プジョー 2008

プジョー2008は、プジョー208を元に開発されたクロスオーバーSUVです。ホイールベースはそのままに全長を196mm延長し、その多くを後部のラゲッジスペースに充てています。先代207にはステーションワゴン仕様がありましたが、208にはないため、この2008が後継モデルの役割も果たしています。

第7位 ルノー セニック

ルノー・セニックは1996年より生産される中型のミニバンで、現在はマイナーチェンジした3代目が2013年より販売されています。5人乗りとホイールベースを延長した7人乗りがあり、7人乗り仕様は「グラン・セニック」と呼ばれています。このクラスとしては長年ヨーロッパのベストセラーでしたが、2008年と2014年には2位に転落してしまいました。

第8位 シトロエン C4ピカソ

ルノー・セニックから欧州市場の年間ベストセラーの座を2度も奪ったのが、このシトロエンC4ピカソです。C4と名前は付きますがC4とは異なるプラットフォームを用い、サイズも大きくなっています。ホイールベースの短い5人乗りと長い7人乗り「グランドC4ピカソ」の2タイプがピカソの生まれ故郷スペインで生産されています。

第9位 ルノー メガーヌ

ルノー・メガーヌはCセグメント(スモールファミリーカー)に属する小型車で、ルノー19の後継モデルとして1995年に登場しました。より生産されています。現在は3代目の後期モデルが販売されていますが、2008年デビューの為、ライバルのジョー308に大きく差を付けられています。5ドアハッチバック、3ドアハッチバック、ステーションワゴン、カブリオレの4タイプから選択可能で、それぞれ、ベルリーネ、クーペ、エステート、CCと呼ばれています。

第10位 ダチア サンデロ

ダチアは日本では全くと言っていいほど知られていない、ルーマニアのメーカーです。1960年代に設立され、以来ルノーのモデルを中心に生産してきました。しかし、共産主義が崩壊しルーマニア革命後は業績が悪化したため、1999年にルノー傘下に入りました。サンデロは2007年に登場した5ドアハッチバックの2代目で、ルノー・クリオと同様のサイズや排気量です。コストの安いルーマニアで生産されているため、最低価格が105万からと安価で人気を博しています。

1





nandemobest10さん