池永氏は美大を経ず、独自に磨き上げた日本画技法で「現代の美人画」を描き続けてきた。小説家・岩井志麻子さんが寄稿の中で「ある意味、私の中でティツィアーノを超えている」と評する異才

出典「一目ぼれ」続出の美人画 池永康晟『君想ふ 百夜の幸福』 : J-CASTトレンド

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

“独学の天才”池永康晟の描く「美人日本画」が世界で静かなブームになってる

江戸時代の浮世絵などでお馴染みの「美人画」。明治以降も数々の傑作が誕生し世界的にもファンが多いこのジャンルに久々の天才画家が現れたという。それも独学で試行錯誤を繰り返しながら独自の世界観を確立したというその人物、池永康晟氏は海外でも大いに注目されているらしい。

このまとめを見る