「私を見よ、私は此処に在る。」画で他者を屈服させたかった。しかし私の指は動かなくなった・・・。10年に及ぶ”深い水の底”から、どうやってこの水面まで辿り着いたのか。どう説明すべきか知らない

出典portrait(12)-池永康晟 [日本画] All About

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

“独学の天才”池永康晟の描く「美人日本画」が世界で静かなブームになってる

江戸時代の浮世絵などでお馴染みの「美人画」。明治以降も数々の傑作が誕生し世界的にもファンが多いこのジャンルに久々の天才画家が現れたという。それも独学で試行錯誤を繰り返しながら独自の世界観を確立したというその人物、池永康晟氏は海外でも大いに注目されているらしい。

このまとめを見る