1. まとめトップ

【初心者】ボードゲーム「囲碁」を学んでみる

囲碁のルールから学習まで。

更新日: 2015年11月17日

TanakaTさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 2796 view
お気に入り追加

囲碁のルールって?

囲碁(碁)は「碁盤(盤)」と「碁石(石)」を使って遊ぶゲームです。一番一般的な碁盤は、「19路盤」と呼ばれる縦横に19本ずつ線が引かれたものですが、それ以外にも「13路盤」や「9路盤」というのも比較的よく使われます。このページの解説では、9路盤を使います。碁石には黒と白の二色があり、二人の対局者が、盤上の縦線と横線が交差した場所に、それぞれの色の石を交互に置いていって、ゲームを進めます。通常は黒が先に打ち始めます。最終的に相手より多く陣地(「地」と呼びます)を作った方の勝ちになります

もっと簡単に教えてくれ!

○の部分が黒の陣地。×の部分が白の陣地。
自分の石と盤の端を使って囲った部分が得点になる。

真ん中の空白は、現状では黒と白両方の石で囲まれており、どちらの陣地とも言い切れないので、どちらの得点でもない。

石から出ている線を塞ぐと(×の4か所)その石を取ることができる。
逆に相手に囲まれるととられる。

図ではAに黒が打てば、白を取ることができる。

図は取った後。相手の石はアゲハマとなり、終局時(ゲーム終了時)に相手の得点(地)を一つ減らす役目を担う。

とりあえずルールはわかったから打ってみたい!

コンピューターと打ってみるのをお勧めします。
人にはかなわないと言われている、囲碁のコンピューターですが、初心者にとっては強い相手であるに決まっています。
まずは小さな盤や、弱めの対局相手を探しましょう。
5路、9路盤などがお勧めです。

打ってみたが、何をすればいいのかちっともわからない。。。

囲碁の石取りが学べるアプリ

陣地の作り方がちっともわからない。調べてみたけれど、わからなくなる一方…

囲碁は感覚が大切なゲームだと編集者は考えますが、感覚をコンピューターに教えろというのは無理な問題です。市販の9路13路の本が充実してきているので、それで学ぶのもアリです。

そうだ!今までに打たれた9、13路盤の棋譜を見れば、解説を見ればわかるのではないか!?

残念ながら、有料のものを除くと高度なものはありますが初心者用の解説などは少ないのです。

そして何より、9路盤13路盤は小さいから、簡単というのが間違っているのです。13路盤はプロの棋戦が開かれたぐらいです。私も見ててわからないことだらけでした…

結局どうやって学習すればいいんだ!

教え慣れている、上手に教わる。それも初心者に教えるのがうまい人。
これが一番確実だと思います。もちろん個人での書籍や対局による学習は必要です。
今はいろいろな学習サイトがあるのですが、強い人が教えるのがうまいとは限らないのです。
囲碁のインストラクターに教わったりできるといいですね。
(碁会所のリンクを載せておきますが、良い場所であることの保証はできません。いくらかレビューを見て決めるのが良いでしょうか)

1 2





cafetalkで初心者初級者に囲碁を教えています