1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

記憶力や集中力がアップする!脳を活性化させる5つの方法

脳を活性化して記憶力を高める方法というのがいくつかあります。97%の脳細胞を鍛え続けることによって、記憶力・集中力・暗記力を強化し脳を一生使い続けることができるそうです。

更新日: 2015年11月18日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1273 お気に入り 133704 view
お気に入り追加

◆記憶力や集中力の低下が気になる...

44 念のためにメモしておきます。記憶力が悪いから。(13)

▼脳を活性化させる5つの方法

1.声に出して読む

音読すると脳の働きはより活発になります。また、できるだけ速く文章を読む事で、脳はより活性化されます。

読む方法は黙読でも良いのですが、音読すると脳の働きはより活発になります。

どんな種類の本であれ、読書は脳を健康に保ち、活性するのに役立つ。老化の防止にもなる。

2.よく噛んで食べる

何を食べるにしても、「よく噛む」というだけで脳のトレーニングになる

咀嚼という運動は脳があってこそ可能で、また、咀嚼が十分にできないと脳の機能は低下するという相関関係にある

3.人との会話

「話を聴き、瞬時に内容を理解し、適切な反応を考え、喋る」という会話の一連の流れは、脳をとても活性化します。

会話をする際に、さらに脳を活性化させるには、複数人3人以上で会話をすると、最も活性化する

全く同じ会話ってないですよね。同じ人と話しても、話す内容は違います。そのため、脳は刺激を受け、活性化につながります。

4.手を使う遊び

手遊びは、心と体を活発にさせて、生活のリズムを整えると言われているそうです。

例えば、編物をするとか、折り紙を折るなどの行為で大変、脳が活性化されたのです。

「手」は脳のさまざまな部位とつながっています。つまり、手をよく動かすことで、脳の多くの部分を活性化させることができます。

5.利き手じゃない手を使う

利き手と逆の手を動かすことで、普段と違う動きになり、脳が刺激されます。

1 2





このまとめに参加する