1. まとめトップ

【台湾】日本人にもファンが多い!台湾の万能炊飯器「大同電鍋」とは!?

台湾では一家に一台はある炊飯器「大同電鍋」。レトロな見た目だが、使いやすくて日本人にも大人気!その人気の秘訣教えます!

更新日: 2015年11月18日

78 お気に入り 114456 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yoasobitaiさん

台湾のコンビニでよく見かけるこの鍋

その正体は、大同電鍋(ダートンデェンゴォ)という炊飯器

大同株式会社が、東芝と共同開発した万能型炊飯器。

1960年より販売開始!

写真からもわかるように、とても歴史のある炊飯器なんです。

大同電鍋は 大阪人がたこ焼き器を持ってるのと同じ位 台湾ではポピュラーな調理器具らしい… instagram.com/p/-KvY0qRCGI/

大同電鍋のすごいところ

色のバリエーションが豊富で、
レトロな感じがたまらない!

なんと!キティちゃんともコラボ!

レトロな見た目なので、
「壊れやすいのでは?」と思いきや、
20,30年は使えるほど、耐久性に優れています!

一台で「蒸す」「煮る」「炊く」ができちゃう!!

炊飯器のようにご飯を炊いたり、煮物、スープなどが作れるほか、肉まんなどを温めたり、トウモロコシなどの野菜を蒸す蒸し器としても使用可能。

その他にも蒸しパンや茶碗蒸しを作ったり、ジャムをつくったりなんでもござれ。まさに万能鍋。

お米の量にもよりますが、早くて15分で炊き上がっちゃうんです!

レシピ本もある

400ものレシピが載っている!

日本の主婦たちの間で話題に!

なんと、情報交換のためにコミュニティもある!!!

日本の家庭料理にも使える

1 2