1. まとめトップ

横浜郊外の寿司屋さんに、東京からもお客が集まる理由は●●だった!

横浜中心部から20分、郊外にある寿司屋さん 「松葉寿し」 に、東京からもお客様が訪れていると話題になっています。決して駅から近いわけでもないのに、何がお客を呼ぶのでしょうか?答えは●●でした!

更新日: 2017年08月21日

2 お気に入り 2127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ulptさん

【1】 安全で美味しい材料 (無農薬・有機栽培)

【天然インドマグロ】
「最高のマグロを味わってもらいたいから、
インド洋ケープタウン沖で獲れた天然インドマグロを使っています。」

【有機栽培のお米】
「石井稔さんは、全国米食味鑑定士協会コンクール総合部門5年連続『金賞』受賞という輝かしい成績を残されています。そして、有機栽培に取り組む様子は「NHKプロフェッショナル-仕事の流儀」でも紹介され話題となっています。」
(Webサイトより)

最高の味を最高の食材で安全に!!
美味しさを目当てにお客様が集まるのも
納得です。

【2】 遠方から車での来店も考えた、店舗案内

東京~神奈川エリアで
子連れで楽しめるスポットサイト
「TOMONI」に掲載されている
松葉寿し。

遠方から車で来店する事も考え
広域地図も載せています。

電車では相鉄線の西谷駅から徒歩6分。
JR・東急線と相鉄線が繋がれば
東京や横浜市北部からも
さらに気軽に行けますね!!

【3】 低めのテーブル、個室や広間など、家族づれにも対応

カウンター席、テーブル席は高さも低く、
お年寄りの方や小さなお子さんでも
楽に腰かけられます。

「会食・法事用」に使える
広間や個室がありますが、
個室はお子さんの声を気にする
家族連れにも好評との事です。

ママ向けランチ会割引や、
ママ向けマネーセミナーを
企画するなど、子育て世代の
お母さんが気軽に集まれる場所
としても使われています。

松葉寿しが、
「子連れで一緒に行ける飲食店」「子連れで一緒に遊べる場所」「子連れで一緒に学べる場所」「子連れで一緒に体験できる場所」
を検索することができる、
「TOMONIサイト」に掲載されました。
東京・神奈川で、お子様と一緒に楽しめる場所が満載です!

子連れ外出スポットをまとめたページでも取り上げられました。

【4】 BNI (異業種交流会) などでの地道な紹介活動

取締役の虫賀さんは、
異業種交流 & 互助会である
「BNI」のメンバー。

BNIは全国に支部がありますが、
横浜駅西口のこの
「白樺チャプター (支部)」は
メンバー同士の見込み客紹介など
活発な活動で注目を集めています。

横浜での会合後、メンバーが
相鉄線で松葉寿しに行く事も!

取締役の虫賀 武さん (右)

地域に愛されるお店になるように
常連さんを大切にする一方、
ホームページやBNIを活用して
遠方からのお客様も取り込んでいます。

【5】 松葉寿し ホームページ

【6】 あの大俳優も通っていた!!

【7】 関連サイト

1