1. まとめトップ

腹筋運動は効果なし!スクワット+ドローインで確実にウエストをくびれさせる

ウエストを細くするのには腹筋と思っていませんか?でも実はあまり効果がなかったんです。確実にウエストのくびれを手に入れるには、スクワットをドローインを組み合わせたダイエットがおすすめ。それぞれ単体でも効果抜群だけれど、組み合わせることによりより早くくびれを手に入れる事ができます。

更新日: 2016年02月06日

110 お気に入り 48125 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

igataroさん

下っ腹ぽっこりの原因

下っ腹のぽっこりって、なかなかスッキリできませんよね。
年を重ねると脂肪が増えて筋肉量が減り、重力によって内臓と脂肪が垂れ下がってくるのが原因です。
あとは、猫背などの姿勢の悪さからお腹の筋肉が緩んできます。

腹筋を頑張ってるんだけど、全然変わらないと嘆いていませんか?

腹筋運動は効果がない

腹筋運動で鍛えられるのはおもに腹直筋。お腹の前方にタテに走っている筋肉ですから、ウエストのくびれを作るためには効果がないのです。

むしろお腹が出ていると、お腹の脂肪が邪魔でそもそも肝心の腹筋を寄せることができません。腹筋運動としての効果が薄いばかりか、腰や首を痛める原因となるので、お腹が出ている人が無理して腹筋運動をするのは、やめておいた方がいいのです

スクワット

腹筋を100回程度するのとスクワットを1回するのと同じぐらいの使用量としているので、スクワットのほうがかなりの運動量になります。

スクワットで大きな筋肉を増やす事ができれば、代謝の高い、太りにくいカラダになり結果的にウエストも細くなります。

太ももの内側の筋肉を使うことで、骨盤底筋群の筋力UPにもつながるので、ウエスト回りのシェイプUPになるのです。

スクワットをすると言っても、適当に上下してるだけでは効果がありません。
きちんとした姿勢を保って正しいスクワットをしましょう。

①肩幅に足を開いて手を前にまっすぐ伸ばします。
②太ももが床と平行になるまでゆっくり腰を下ろします。
③その状態で息を吐きながら2秒ほどキープします。
④ゆっくり元の状態に戻していきます。

特に太ももが太くなる場合が多いですので、やり過ぎに注意してスクワットダイエットをしていきましょう。

ドローインダイエットとは?

ドローインとは、意識的な呼吸法を行い腹筋を引っ込めて、その状態を一定の時間維持して元に戻す動作を繰り返すというシンプルなダイエット法です。

ドローインで腹横筋を鍛える

出典azuc.asia

内臓側にあって、イラストのように、腹部に巻いたベルトのような形になっていて筋線維が横方向に走っている筋肉です。

ドローインの呼吸法

お腹をへこませながら、大きく息をゆっくり吸い込みます。その後、お尻に力を入れ、さらにお腹をへこませながら、息をゆっくり吐いていきます。一連の動作を約20秒から30秒かけて行います。

ドローインのやり方はとてもシンプルで、道具や場所を問わずできます。

背筋を伸ばして息をゆっくりと大きく吸い込みます。この時、お腹を意識的に大きく膨らませて姿勢はまっすぐにして、肩を少し後ろへ引くように意識します。

息を止めてお尻に力をいれます。

息をゆっくり吐きながらお腹全体をへこませるイメージでお腹を背中へ近づけましょう。お尻にも力を入れます。

お腹を最大限にへこませたままの姿勢で30秒間キープします。初めのうちは10秒程度でも構いません。呼吸は止めなくても大丈夫です。

仰向けでお腹を膨らませてへこませる方法

1.仰向けに寝て、膝を立てます
2.お腹に手を当てて、息を吸いながら大きくお腹を膨らませます
3.ゆっくりと息を吐きながら、お腹をできるだけへこませます
4.呼吸は行うようにして、お腹をへこませたままキープします

※1日10回が目安

ドローインスクワット

単体でも効果的な「ドローイン」と「スクワット」を組み合わせたのが「ドローインスクワット」です。
慣れるまではキツいかも知れませんが、その分お腹ヤセ効果は抜群です。

1 2