塾としては、ベテランの先生と体力と気力も充実した若手の社会人講師の両方を揃えているのが理想だといえます。けれども塾の講師(特に優秀な講師)は常に人材不足であり、そのため大学生のバイト講師のいない塾はほとんどないといいでしょう。極端な場合は、1教室に専任(社員)の講師は1名だけ、その他は全員大学生バイト講師という塾もあります。授業料が高い安いに関わらず、フランチャイズチェーンの学習塾はとくにこの傾向が高いようです。

出典学習塾に通わす親の本音

つまるところ、どこの学習塾でも大差はなく、担当講師が優秀であるかの運任せのギャンブル状態になっているのです。学生のいない塾は結局高価になるので、いたちごっこ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本の学習体系が変わる!学習塾の人気が...時代は家庭教師にシフトしている!

学習塾の現状、問題点に新たな改善策を考えます。家庭教師の普及が今後の課題?

このまとめを見る