1. まとめトップ
  2. カラダ

胃腸炎を引き起こすロタウイルスに注意…大人は発症しない!?

ウイルスによる感染性胃腸炎が全国的に流行の兆しが...ノロウイルスよる感染はよく耳にしますが、乳幼児に胃腸炎を引き起こすロタウイルスって聞いたことありますか?幼児が感染すると脳の合併症を引き起こすこともあるロタウイルスを紹介します。

更新日: 2015年11月21日

59 お気に入り 112118 view
お気に入り追加

ノロウイルス感染由来とみられる感染性胃腸炎が増加

ノロウイルス感染由来とみられる感染性胃腸炎の全国患者が、直近1カ月で1.8倍に増加していることが明らかになった。

杵島郡白石町福田の飲食店「居食亭べんがら」の弁当を食べた34人がノロウイルスによる食中毒症状を起こした

草津市西渋川の渋川小は十六日、六年生の児童らが、修学旅行から帰宅後に下痢や嘔吐。感染性胃腸炎と診断された児童もいる

急速に感染が広がっていき、全国的な流行が予想されます。

感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)は、ウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎のこと。

代表的なものはノロウイルスとロタウイルスです。医療機関を受診する頻度は、ロタウイルス(約30%)、ノロウイルス(20〜30%)

感染性胃腸炎の原因になるロタウイルスとは?

ロタウィルス感染は冬に多い、そして乳幼児に多い

急性感染性胃腸炎は、世界における小児の死亡者、罹患者の最も多い原因の一つであり、5歳未満の小児の死亡者は年間180万人に

次のような症状があります。

潜伏期は24~72時間で、主な症状は下痢(3~8日続き、激しい時には白色で、米のとぎ汁のような便)、おう吐、発熱。

発症後、通常であれば2〜7日程度で症状は治まりますが、まれにけいれんや脳症を合併することがあるので注意が必要です。

ロタウイルス、大人は発症しない!?

ロタウイルスに大人も感染します。ロタウイルスの主な症状は嘔吐・下痢・発熱です。特に下痢は米のとぎ汁のような白い便が特徴

大人でも免疫力が落ちていると、小児と同様に、嘔吐、下痢、発熱という症状がでることも。

かかってしまったら時はどうする?

下痢に対しては整腸薬を服用して下さい。また、その間は脱水にならないように水分を多めに補給して下さい。

嘔吐で飲み物が飲めない場合は、点滴治療が必要となるので、下痢と嘔吐が同時に起こった場合は早めに受診しましょう。

診断結果は感染性胃腸炎とのことです。食事がパンかおかゆかうどんか梅干しぐらいで飲み物は水かお湯かスポーツドリンクしか飲めないからつらい(ノ_・。)

予防のポイント

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう