1. まとめトップ

【Photoshop写真加工】履歴書の証明写真を自作してみた【自己流】

就職活動が長引くと履歴書の証明写真代もかさみますよね。自宅にプリンターがあれば、PCで一度データを自作してしまえば、後は無くなったらまた印刷するだけなのでとても楽です。ここで紹介する方法はあくまで自己流ではありますが、参考になれば幸いです。(以前はブログにて公開していましたが、こちらに移行しました)

更新日: 2015年11月21日

0 お気に入り 16941 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

okame_38さん

※最新バージョンのものよりだいぶ古くなってしまいますが、ここではいまだに筆者が愛用している(苦笑)Photoshop6.0を使って説明します。

1.まずは写真を用意します。

・・・もちろんふざけてなんかいませんよ!(^_^;)
ここでは1500×1000ピクセル程度の写真を用意してみました。

2.Photoshopでプロジェクトを新規作成します。

→【設定】横3×縦4(cm)解像度:300以上

※PCやプリンタの環境によって違うのかもしれませんが、筆者の印刷環境の場合、実際印刷されると少し(縦横数ミリ程度)大きめになってしまいます。
気になるのであれば少し小さめ(2.8×3.8程度)に設定してみても良いかもしれません。

新規プロジェクトが作成されるとピクセル数にして大体354×472(あるいはそれ以上)という数値になるかと思います。

3.用意した写真を、プロジェクトの縦幅に合わせて縮小します。

→メニューより[イメージ]→[画像解像度]

手順2で作成したプロジェクトは高さ472pxになっているので、用意した写真のサイズも同様(高さ)472pxに合わせます。
横幅は自動で変更されるので気にしなくて構いません(「縦横比を固定」には必ずチェックを入れる)

「ドキュメントのサイズ」項目もここでは関係ないので無視して下さい。

※もし元の写真の上下を少しカットしたい場合は、縦幅を少し大きめに設定して下さい

4.縮小した写真をコピーし、「手順2」で作成した新規プロジェクトに貼り付けます。

貼り付け位置の指定は、後から移動するため特に不要です。
とりあえずこのように貼り付けられました。

5.「移動ツール」で適当な位置へ移動します。

今回の場合縦幅はジャストなので、横方向にのみ動かしてみました。
この子は耳があるので少々はみ出してしまいましたが(^_^;)、普通の人間の方であれば(爆)はみ出すことは多分ないと思うので大丈夫かと思います。

6.プロジェクトを一度保存します

PSD形式が一番望ましいですが、JPGやPNG等でも大丈夫です。

その後、コピー元の画像の方は保存せずに閉じてしまって構いません。
保存した方のプロジェクトはまだ使うので、閉じずに残しておきます。

次の手順からは印刷用のフォーマットを作成していきます。

7.印刷用の新規プロジェクトを作成します。

→【設定】横12.7×縦8.9(cm)解像度:300以上

Lサイズ写真用紙相当のプロジェクトが新規作成されます。

8.背景を適当な色で塗りつぶします。(カットする際のガイド用)

→メニューより[編集]→[塗りつぶし] ※範囲選択は不要

背景が白のままだと、写真との境目が分かりづらく、実際に証明写真として使う際、切る時にとても不便と思います。
その為ガイドの為に、適当な色で塗りつぶしてみます。ここでは薄い青にしてみました。
(あまり薄い色だと意味が無いので、白と並べてはっきり区別がつく色が良いかと思います)

9.「手順6」で保存した写真を貼り付け、適当に並べます。

ここでは6枚並べてみました。
頑張って詰めれば8枚入るかとは思いますが^^;

10.保存して完成です!

印刷用にはPC以外でもほとんどの端末で扱えるJPG形式が良いかと思いますが、後々修正等したくなった時の為にもPhotoshop形式(PSD)と、2種類で保存しておくことをおすすめします。

後は家電量販店等で売っているLサイズの写真用紙を用意して印刷するだけです!

■そもそも、Photoshopを持っていないんだけど・・・

Photoshopはとても便利な画像加工ツールですが、コスパ的に初心者が気軽に手を出せるものでもないですよね。
(それゆえに筆者もいまだに大昔の6.0を使っているのですが・・・^^;)

しかし、「Pixlr」というブラウザ上で動作する無料のツールが提供されており、しかもPSD形式に対応している上、操作性もPhotoshopに非常に似ています。

今回紹介した証明写真の自作方法も、Photoshopが無くてもこのツールを使って制作することもおそらく可能です。

詳しい使い方などについては、以下のリンク等が参考になるかと思います。

1