1. まとめトップ

だまし絵の奇才「マウリッツ・エッシャー」の世界

トリックアートの世界で知らない人はいない画家「マウリッツ・エッシャー」。見れば見るほどその世界に引き込まれます。

更新日: 2015年12月19日

28 お気に入り 92400 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

マウリッツ・エッシャーとは?

マウリッツ・エッシャー

オランダの画家。
『トロンプ・ルイユ(騙し絵)』の画家としては世界一の知名度を持つアーティスト。

建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。

オランダで愛されてやまない、だまし絵画家M・C・エッシャー。

今も、その無限に続くパターンと、数学とアートの交錯する作品が専門家を驚かせています。

マウリッツ・エッシャーの作品

有名な「滝」の錯覚絵。

エッシャーの騙し絵を象徴する作品として、もっとも知られた作品ですが、“永久機関”を思わせるこの不可解な絵のトリックは大勢の人を魅了したました。

画家のマウリッツ・エッシャー作「滝」。だまし絵って、見れば見るほど引き込まれるものがありますよね。

“ネッカーの立方体”という立方体錯視を応用して描かれています。エッシャー的透視法で描かれた、こちらも彼の代表作の1つです。

魚が鳥に変化するトリックが楽しい作品。

エッシャーは絵画の知識と技術を元々ベースに持ちながらも、結晶や平面図法、建築設計の経験、そして地質学者や研究者達との交流によってあらゆる興味を絵に反映させました。

こうした色々な角度からのアプローチは時としてすごくオリジナリティの高い傑作を生むものです。

エッシャーの技法は様々な分野にも影響を与えてる

エッシャーのような多次元的なイラストを描くスペインのCinta Vidal Agulloさんの作品。

http://goo.gl/Abc9Pe

エッシャーの作品のような不思議絵の世界で実際に遊ぶことができるゲーム『Monument Valley(モニュメントバレー)』

参照:http://goo.gl/WyFE6H

出典wired.jp

独創的な画家M・C・エッシャーの作品「相対性」がLEGOで再現されました。スターウォーズ世界というおまけ付き。

参照:http://goo.gl/AubtCJ

エッシャーのだまし絵に入り込んだ気分になれるストップモーションフィルム「映画インセプションを1分間で」

参照:http://goo.gl/JGS4Cw
(ダイハードとかもありました笑)

▼その短編映画がこちら

描いた内容は、デカ・プリオ主演の、2010年のアメリカのSFアクション映画「インセプション」。1分間で見事にそのストーリーを再現しています。

このプロジェクトは、イスラエル工科大学のコンピューターサイエンスラボにて行われたもので、2次元に描かれたものを、立体化できる3Dプリンタの技術が不可能を可能にしました。

参照:http://goo.gl/jcO1qc

▼実際にあの「滝」を作っちゃった人も!

何回見てもその仕組みがイマイチわからない。
詳細情報:http://goo.gl/SfOZG2

エッシャー美術館で楽しもう♪

展示は、『昼と夜』『滝』『空と水』『描く手』など世界的に有名なだまし絵の作品のほか、イタリアやスペインを旅して描いた風景画など彼の初期の作品も展示されています。

営業時間:11:00~17:00
入場料:€7.50
定休日:月曜日

2002年に開館したエッシャー美術館は、エッシャーの作品をインタラクティブに楽しむことができます。

自分の体のプロポーションを変化させながら小人になったり巨人になったりして遊ぶことができる「エッシャーの部屋」や、巨大なタッチスクリーン・コンピューターでのエッシャーゲーム、3DのCGが6分間映し出される映写室などがあるようです。

1 2