1. まとめトップ

大人にしか使えない、究極の「大人になってからの勉強法」!

「勉強を始めるのに遅すぎるなんて遅すぎる」なんてことはあり得ない!社会に出ている大人だからこそ使える勉強法があった!

更新日: 2015年11月22日

37 お気に入り 21965 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ccsioさん

大人なら一度は「あのときちゃんと勉強しておけばよかった」「今になって勉強したくなった」と思ったことはあるはず。けれでも「勉強を始めるのに遅すぎる」なんてことはないのです!いや、大人のほうが勉強には向いているといえるのです!!

大人なら誰しも「あのとき勉強してれば」「今になって勉強したくなった」と思うもの

10代→勉強めんどくせえええ 30代→勉強してえええええ  なぜなのか

出典http://college2ch.blomaga.jp/articles/2553.html

「もっと勉強しておけば良かった」というコメントは女性へのリサーチの時より男性の回答の方が圧倒的に多い。
社会に出て、ある程度の年齢になれば、仕事の責任も重くなり激務に追われる毎日で、勉強や資格取得の習いごとをすることが困難となる。また学校に入り直す余裕などもない。
「最適な時期にどうしてきちんと勉強しておかなかったのか」という後悔は、社会で生きていく上で己の経歴が一生ついて回ることを実感している男性ならではの率直な意見だと心から思う。

とくにビジネスパーソンにはこの悩みは多そうです。

Q.大学でもっと勉強しておけばよかったと思うことはありますか?

はい  65.8%
いいえ 34.2%

でも勉強は大人になっても絶対必要!

残念ながら多くの方が勉強は学生や若いうちだけにするという固定観念
をお持ちのようです。

学生時代の勉強はもちろん大切ですが、大人になってからの勉強はもっと大切です。
答えは簡単です。
人生は大人になってからの方が長いからです。

生活のために働くのなら生活がもっと楽になるために勉強するべきなんです。勉強というのはそういうことです。
今までと同じような生活をしていると一生変化は訪れません。それどころか後退してしまいます。そうならないためにも日々勉強と学習なんですよね。

じゃあ大人になってから、何を勉強したらいいの?

資格試験や昇進試験、語学やロジックの勉強も仕事に役立ちそうですが……

勉強は学生がするもの、なんて考えは昔の話。生涯学習という言葉が登場して久しい21世紀、英会話、資格、ビジネスのノウハウなど、働く世代の学習意欲が近年高まっていますね。

大人の勉強は仕事に縛られず
好きなことをすればいいと私は思います。
自分が楽しくて、打ち込めるもの。
そんな勉強をやればいいのです。

むしろ大人になってからのほうが、若いころよりも勉強には向いている

実は年齢を重ねたほうが、若いころよりも勉強に向いているという事実が浮上しているのです。

大人になってから英語を身につけることは十分に可能です。
それどころか、脳の専門家の立場からは、「大人のほうが英語の学習に向いている」といってもいいでしょう。
「大人になると脳は衰えるばかりで、成長しない」と考えている人がいるなら、それは誤りです――。

実は長いブランクがある人ほど、勉強を再スタートしたときに結果は出せるのです。
そして、仕事で忙しいビジネスマンだからこそ、勉強をモノにできるということもまたいえるのです。

大人になってからでも勉強で人生は変えられる。
そして、そのための唯一の条件は、社会に出ている大人であることだけなのです。

大人にしか使いこなせない、今話題の超効率的な「大人になってからの勉強法」とは?

大人の、大人による、大人のためのうってつけの勉強本があると巷で話題になっているのが、『大人になってからの勉強法』というズバリそのままなタイトルの本。

ブランクがあるから結果が出せる!
社会人受験のプロが教える、
大人にしか使えない超効率的な勉強法とは?

大人には、若者にはない社会人としての経験が蓄積され、知恵や思考力も鍛えられているため、いざ勉強を始めれば大きな結果を得ることができる。

限られた時間で効率よく学ぶには、暗記ものと思考力をつかう勉強は、交互に行なうとよい。直後の復習は、記憶の定着率を高めるので、効率化には必須のプロセス。

手帳には勉強の予定を書くよりは、勉強した大まかな時間を記すほうがよい。

一日ゼロ分にだけしないようにする。

1 2