1. まとめトップ

目がパカパカして可愛い国産自動車【リトラクタブルライト】

止まってる時はスマートに、走りに目覚めた時その目が開く可愛いクルマ達。

更新日: 2017年09月17日

16 お気に入り 68212 view
お気に入り追加

目がパカパカするとは

このようにヘッドライトが格納される
ちょっと前まではスポーツカーイコールリトラ並の
局地的に人気を誇る顔のクルマの事。

現行法では安全基準の為制作されない。
(ヘッドライトが突起物になるとの事)

ちなみにウィンクは任意に出来る物と
ただ単に壊れてる場合がある。

180のウィンク、可愛い。 pic.twitter.com/4ZoFjwTkjd

gif画像ですのでURLを開いてどうぞ。

圧巻!リトラウェーブ

リトラクタブルライト採用車輛【トヨタ編】

グリルの中にあるのはフォグランプである。
そして国産車で一番最初に採用された。

当時の発売価格が238万円
(大卒初任給が2万5000円程度)
現在価格にするとおよそ8倍
2000万円クラスになる。

なお大きさは現在主流のミニバンより
ちょっと小さいと言うイメージになる。

スプリンタートレノ (AE85/86)

カローラレビンの兄弟車
ちなみにカローラレビンは固定型を採用している。
これは後記する。

盛れるかどうかは編集次第だと思い知らされた(´-ι_-`) pic.twitter.com/7Hmkh2jw2c

ちなみに兄弟車:カローラレビンはこのように固定型ヘッドライトになっています。

スプリンタートレノ (AE91/92)

うっかりしていたが、91/92も
リトラだった。
この車もめっきり見なくなった。

出典ameblo.jp

FF世代(91~111レビトレを指す)は
レビンを多く見るがトレノは少ない。

カラーリングに触れてはいけない。

MR2 (AW10/11)

同時期に上にあるスプリンタートレノがある。
最近はめっきり見なくなった。

カローラⅡ/コルサ/ターセル (L3系)

そのままドライブしたのはこの二代後の話である。
個人的な話ではあるが「おざけん」と呼ばれる
友人がこれに乗っていた。

ここら辺はもう間違い探しの領域なので
細かい話は省略する。

セリカ (A60、ST16、18系)

1 2 3 4 5





車の事だったり動物の事だったり何となく自分が気になった物だったり、流行ネタはあんまり掲載できない系の懐古系男子です。