1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tachiiisongさん

藤嶋 健人

私立東邦高等学校
身長:176cm
体重:75kg
右投右打
投手/右翼手

6年ぶりVを飾った夏予選で2完投勝利を収め、バンビ・坂本佳一2世として一躍注目を集める。
 5回戦で145㌔腕・田中空良に投げ勝ち、7安打11K3失点完投勝利をマーク。
 決勝・栄徳高戦の先発に抜擢され、7安打11K1四球、2失点完投で胴上げ投手に輝いた。
 主に外角への真っすぐで三振を奪い、終盤8回表に自己最速の144㌔を計測。

バンビ2世と呼ばれるが、きゃしゃなイケメンタイプだった「初代」と違い、がっしりした体形で、「アンパンマン」と呼ばれることも多い。
一方で、森田泰弘監督は「とにかくマウンド度胸がいい」と1年生らしからぬ冷静な投球術を絶賛する。

2014 夏の甲子園では!?

甲子園初戦で8回9安打3失点の粘投を演じ、日南学園相手に11対3で白星を収めている。
 全国の舞台で度胸良く実力を発揮し、投打両面の資質でプロの評価を獲得。
 2回戦でも5.1回8安打3失点KOながら、144㌔を計測し、5回表まで無失点の力投を見せた

横浜DeNA・吉田孝司スカウト部長:「甲子園で1年生であれだけ投げられれば大したもの。楽しみだね。」(2014/08/12)

出典http://player.draft-kaigi.jp/PlayerInfo.php?PlayerId=8145

巨人・山下哲治スカウト部長:「度胸がある。甲子園の初戦で普通あんなに堂々と投げられない。打撃センスや体格も良いものを持っている。」(2014/08/12)

憧れのエース大井くんなどたくさんの先輩達に最後まで支えられた初めての甲子園は幕を閉じた。

「これからの東邦高校は自分が引っ張っていきます。」と誓いセンバツに向けて挑んだ秋季大会は3回戦敗退。。。

2年生エースとなった藤嶋君は毎回の12奪三振1失点完投したが、県内屈指の左腕内田君に散発の4安打に封じられ0ー1で敗戦。
夏春連続出場は絶望的になった。

2年連続出場を目指した2015年夏の予選

春季大会でシードを獲得できなかった東邦高校は2回戦から登場。

3回戦ではシード校渥美農業を10ー7で撃破。藤嶋君は投手としては6回2/3を6失点と本来のピッチングをすることができなかったが、打者としては逆転ホームランを含む2本のホームランを放った。

順調に勝ち進み、5回戦では私学四強の享栄、準々決勝では秋季大会に負けている誉を破り準決勝進出!!

そして挑んだ準決勝の相手は??

後にU-18日本代表で活躍した上野君、伊藤君率いる中京大中京!

名門校対決の準決勝、スタンドは早くから多くのファンが詰めかけて、早々に外野席も解放される満員となった

強かった中京大中京。藤嶋君2年の夏が終わる。

そしてエースで4番でキャプテンとして迎えた最後の秋季大会は圧巻の無敗の15連勝で東海大会優勝!

*名古屋地区一次予選
10-0 瀬戸(5回コールド)
6-0 愛知
12-0 日進西(5回コールド)
*名古屋地区二次予選
1回戦 5-0 千種
2回戦 11-1 中京大中京(5回コールド) ←夏のリベンジ!
準決勝 9-1 春日丘 (7回コールド)
決勝 7-3 愛工大名電

1 2 3