1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yoasobitaiさん

オタクの聖地「秋葉原」

電器街やフィギュアショップ、メイド喫茶など、日本のサブカルチャー発信地。

台湾にもアキバみたいなスポットが!

場所は、「台湾の原宿」と呼ばれている西門町。
大通りから少し離れた場所に萬年商業大樓(万年商業ビル)があります。

萬年商業大樓(万年商業ビル)

「萬年商業大樓」は、その外観からも昔風のデパート!といった風格が感じられます。大きなネオンの看板が印象的なビルの内部に足を踏み入れると、そこにはもう今の新しい台北のショッピングモールにはなくなってしまった、混沌とした世界が広がっています。

日本統治時代において「国際館」と呼ばれたところで、1936年より東映の劇場であった場所だ。
1970年代「国際館」はなくなり、「萬年商業ビル」に改名、当時は200店舗ひしめき合っていた。

萬年商業大樓(万年商業ビル)の前身である「国際館」

フロア紹介

B1 美食街

台湾のいろんなローカルグフードを味わうことができる。
「金園排骨」と「老山東牛肉麵」は特に有名な老舗のお店。

1F~4F

一階は靴屋さんがたくさんあります!

洋服や帽子屋もチラホラ。

萬年商業ビルはゲーム・プラモオタクだけでなくファッション・日本大好きな人が集まる哈日族の聖地となっています。
日本の雑誌やマンガを売る店、携帯のデコレーション屋さん、台湾・日本アイドルのプロマイドの店、自分の写真をTシャツや置物に加工してくれるショップなんかもあり、見ていて楽しいです。

4階が一番アキバ感に満ち溢れています。

ちなみに、オタクは中国語で「宅男(女の場合は宅女)」と呼ばれています。

なかなかマニアックなお店もあります

有名店はココ!

萬年愛瑜模型店は模型店の老舗で1000種類以上のフィギュア、プラモデルがあり、中には掘り出し物も多く、日本のマニアの方にとってはたまらないお店となっています。
お客さんは日本・香港からも多いです。

ガチャガチャもたくさん!!

5F

太鼓の達人の達人がいっぱい集まっています。

6F~ MTVという個室で映画が観れる場所があります!

レンタルDVDが置いてあり、個室の巨大スクリーンで観ることができます。

オタク以外の人も楽しめるので是非行ってみてください!

1 2