1. まとめトップ

知ってた?《ギャンブルは危険》パチンコのルーツとその極悪な裏側。。。

パチンコはどこから来たの?パチンコのお金はどこに行くの?パチンコは誰が考えたの?なんでこんなに日本はパチンコ店が多いの?知ってた?パチンコのルーツとその極悪な裏側。。。

更新日: 2015年11月23日

9 お気に入り 26123 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takahirowebさん

パチンコのルーツ

そもそもパチンコってなに。。。?

パチンコという遊技の本質を、「球を打って穴に入れる」事と考えた場合、その起源は意外なことにヨーロッパに遡ります。
源流は、17世紀頃にヨーロッパで成立したマーブルという貴族の遊びと言われています。
この遊びの詳細は判然としないものの、なにやら平べったい箱型の盤にいくつも釘が打ってあり、箱の上から大理石の球を入れて、下部にある当たり穴に入れば勝ちという単純なものだったようです。


球を使って遊ぶテーブルゲームのルーツは、15世紀には既に成立していたビリヤードですが、横型のものは、やがてピンボール、スマートボールへと発展しました。
縦型のものは、このマーブルを経て、1895年に「ウォールマシン」と呼ばれる遊技機へと発展しました。このウォールマシンこそが、パチンコの直接の起源です。

日本のパチンコ事情。トップがほとんど、朝鮮、韓国で支配されている。

現代のパチンコは遠隔操作です。
一番露骨なのは、ガイア、ダイナム、マルハン、夢屋のようです。

マルハン、ガイアは、パチンコチェーンストア協会には加盟していません。
マルハンは急成長した現在最大のパチンコチェーンです。会長はハン。

日本への恨みからここまで成り上がった。恐るべし復讐劇。

パチンコ屋は遠隔操作が常識とも取れる発言を某チェーン店現役社員が行っています。
現役社員が暴露したパチンコ出玉操作の実態 パチンコ屋、出玉操作の実態 もはや抽選も確率も関係ありません。

   いま全国に約一万八千軒あるパチンコ店のうち、在日および帰化者二世・三世を含む)が経営する店の割合は、六割とも七割とも言われる。

三軒に二軒は、オーナーが韓国・朝鮮系ということなのである。
パチンコ台の製造メーカーにも、最大手の「平和」を筆頭に、韓国・朝鮮系の経営者が名を連ねている。

ある事情通の在日の人の証言『闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。
じゃあ闇市で何をして儲けたかというと、結局、ヒロポンと贓物故買(ぞうぶつこばい)だよね』 密造した覚醒剤を売りさばいたり、盗品の横流しをしたりして、短期間のうちに大金を作り、それをパチンコ店開業に振り向けたというのである

『そういううしろ暗い過去がなかったら、カネなんていうものはそんなに貯まらんですよ。うしろ暗い過去があるから、人にも言われんわけでね』

パチンコ店なンて客20人に1人が勝つ設定だから、通いの素人はまず勝てねェ。なのにパチンコ依存症は負けをパチンコで取り戻そうとするからハマる一方だ!!

ありえないから。笑 勝つなら別の角度から徹底的に勝とう。一番の勝ちは《やらないこと》

勝てるわけがない、遠隔操作の醜いお店の裏側。

パチンコ台には電磁コイルが埋め込まれています。
ホルコンやその他、管理システムで不正制御できる(ダイコク電機が特許を取得し公開されています)事も知らない若者も多いそうです。

ほぼ同じ時間に同時に複数台大当たりするのは、確率から言って極めて不自然であり確率論からいえば有り得ない話しです。

ホルコンで全て設定されているのがこれで解るはずです。 例えば、  1/350の確率の台があります。設置40台、3台同時当たりと仮定します。 初当り確率 1/350   3600(秒) 40(台) 3(同時大当り)  の確率は 0.0000000000124 あくまで1秒当たりの初大当りです。

5分以内に同時当たりなら×300ですが、それでも異常な低さです。  競馬で言えば、万馬券が出る確率や宝くじで1等が当たる確率よりはるかに低い。それが日常的に起きている。

ミサイルが飛んでくのは自分らのせいかもしれませんよ?

パチンコ店なんて客20人に1人が勝つ設定だから通いの素人はまず勝てねぇ なのにパチンコ依存症は負けをパチンコで取り返そうとするからハマる一方だ!!

極悪。全てデータ管理。個人情報など皆無。

話しによると、店内にある防犯カメラは、携帯電話のメールの内容が読めるほどズームできるそうです。
常連は顔認識装置で管理され、財布の中まで見られているそうです。また、顔認証装置は遠隔操作するためのもの意外に考えられないものです。

パチンコ店に何の必要性があるのでしょうか。(理解に苦しみます)これは、プライバシー侵害行為です。  車のナンバー認識もしています。店に行った時点で、勝ち負けが決まるのです。

お客は、全て管理され、投資した金額±○万円などキッチリしているはずです。有り得ない話しです。パチンコ関係者のブログやサイト、マルハン’s NetへアクセスすればMacアドレスが取られ管理されます。
また、今は、スマホのメールデータ、個人情報を抜き取るアプリを使う犯罪者もいるので同時に注意しましょう。

パチンコはやらない事が一番の勝ちなのです。
やらない、近づかないのが鉄則。

こんなにボロ儲け。

冷静に、違う手を使って取り返そう!!!!

パチンコの害。こんな悲しい実話も、、、、

子殺し、親殺しは、パチンカーに多いと言われている。
パチンコによって荒廃した心が、ついには、親殺しや子殺しまで発展するのである。


最近、子供を虐待で死なせる事件が多くなっている。
パチンコで負けて、サラ金規制で、サラ金からも借りられなくなり、自暴自棄になって子供に当たる地獄絵図。とても、この世の姿ではない。

子供の虐待事件は、2008年が61人、2009年が67人と年々増え続けている。
動物でも、子供は大事に育てる。舐めながら、愛おしそうに育てている。

子供を殺すのは人間の親だけである。それも、世界でも日本が一番多い。その原因はパチンコにある。

パチンコ依存症の息子によって、母親殺しが二件も発生している国がまともなわけがない。母親殺しの一人は、パチンコにハマる前は真面目で、父親の経営する喫茶店の手伝いをする姿がよく見かけられたという。

その真面目だった息子は、スロットにハマって母親を殺した後に、母親の金を持ってパチンコ店に行ってスロットを打っている。まるで地獄絵図である。
殺人にいたらなくても、親の金をくすねて、パチンコ店通いをする若者は少なくない。

冷静に考えて、悪の組織と戦いましょう。頭脳で圧倒的な勝利を収めればいいんです。

1