1. まとめトップ
  2. カラダ

うつ伏せでゴロゴロ&寝る前の腸もみで便秘にサヨナラしよう

男性以上に女性が悩むことの多い便秘。なかなか頑固なため、本当に苦しいですよね。何をやってもスッキリしない…そんな時は「うつ伏せ」と「腸もみマッサージ」を始めてみませんか?やり方をまとめてみました。

更新日: 2016年10月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
900 お気に入り 142139 view
お気に入り追加

▼女性の大敵と言えば、便秘。

男性以上に女性が悩むことの多い便秘。

便秘の定義とは、「自分で満足できる排便がない状態」となります

便秘がひどくなると、便が腸内に長くとどまることになります。
そのため、口臭や体臭がきつくなったり、肌あれが起こります。

▼色々やってみてもスッキリしない(´;ω;`)

このままじゃダメだなぁ…と思いながら色々試すもいまいちスッキリしない。便秘薬に頼り過ぎるのもイヤですよね。

食事制限をしたり、便通が良くなると言われる食べ物を積極的に摂取したりと、色々試している

▼みんなも便秘で悩んでた!

便秘ひどすぎて吐き気とか 最近よくあるけどほんまツライ なにしても治らん

▼でも、どうして女性は便秘になりやすいのだろう?

女性ならではの身体の作り、生理の影響、環境などが原因になっているようです。

黄体ホルモンの影響で、大腸の蠕動運動を抑制する働きがあることです。月経・排卵のリズムは、おもに卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによってコントロールされています。黄体ホルモンの分泌が活発になる排卵から月経までの期間は、女性にとって便秘になりやすい

女性は骨盤が広くなっています。 骨盤は腸の近くにありますが骨盤に腸が下がってしまうこともあり、腸の形が不安定になって蠕動運動を起こしにくくなるというのも女性ならではの便秘の原因です。

男性に比べて腹筋などの筋肉が弱いとかダイエットなどで食事量が少ない、トイレに行きにくい環境なども便秘の原因に関係しています

▼そんな時は「うつ伏せ」になってみて!

うつ伏せになると、腸がまんべんなく刺激される!

うつ伏せに寝ることによってまんべんなく小腸を刺激でき、ひいては、大腸のぜん動運動も促してくれるので腸の若返りや便通改善

小腸は複雑な形に折りたたまれていて、その為、通常のマッサージではなかなか刺激しづらい臓器だが、うつ伏せになるとお腹に押され、小腸全体をまんべんなく刺激し、小腸の蠕動運動を促す

とにかくうつ伏せで10分間ゴロゴロすればOK!

①うつぶせ状態で10分間いること。
②ゴロゴロと動かすとさらに腸に刺激になって効果がでてきます。

うつ伏せとあおむけの姿勢を交互に繰り返し、
ゴロゴロと寝転んだり、腰をひねったりするといい。

胃がもたれるのを防いでくれたり、呼吸を整えてくれたり、腰痛や肩凝りを解消してくれたりと、うつ伏せで寝るのは良いこもたくさんあるようです。

(1)大脳機能の活性化やリラクゼーション効果の示唆(2)筋緊張のバランスを整えて、呼吸の問題を改善できるという効果がある

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう