1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

みんなまだ忘れてない…五輪エンブレム受付始まる

佐野研二郎東京オリンピック盗用問題でエンブレム取り下げから約3ヶ月。紆余曲折を経て11月24日から受付が始まりました。

更新日: 2015年11月24日

21 お気に入り 38965 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■五輪エンブレムの受付はじまる

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日正午、9月に白紙撤回された大会公式エンブレムのデザインの募集を開始する。

組織委は新たなエンブレム選考へ向け、9月から準備会と委員会を計8度開いて慎重に議論を重ねてきた。

10月16日に組織委の公式ホームページ上で公表された応募要項のダウンロード件数は今月19日時点で6万2000を超え、応募作品は1万件以上が予想される。

選考の透明性を高め、国民に親しまれる大会のシンボルマークの選定を目指す。

■テロなどいろんなこと起こったからすっかり忘れているかも

大会エンブレムをめぐっては7月に佐野研二郎氏デザインの作品に一度は決まったが、ベルギーの劇場ロゴとの類似が指摘

佐野氏の別の作品で模倣が発覚するなどの騒動に発展したため、組織委が佐野氏の合意を受けて取り下げた。

前回の応募資格は主要デザイン賞を複数受賞した個人に限定し、8人の審査委員全員もデザイン界から選んだため、選考過程が閉鎖的との批判を受けた。

改めて佐野研二郎のオリンピックのエンブレム見返してみたらTとLに見えてLて何やねんてなるしどう考えてもおかしいし擁護派の奴らどうかしてたと思う。

ビジネス用語として「サノケン」定着しちゃってるよな。実際のビジネスの場でも2回ぐらい耳にしてるわ。

ていうか五輪に貸し出す時には金が入らないってことにまず疑問感じるんだけど。サノケン問題まだ忘れちゃねーぞ <東京ビッグサイト「2019年問題」、計画変更求め署名活動スタート 展示会団体「国立競技場より深刻」> nico.ms/nw1906428 #niconews

孤独な闘いすぎて怖い。パクリ疑惑から火がついたけど思ったより深いとこまでメスが入るかもなー。外野も飽きるまでサノケン叩いたから終わりじゃなくてちゃんと見守った方がよさそう。

■先月から外部有識者による調査が行われている

11月中に調査を終え、年内に結果を公表する

組織委が公募3日前に佐野研二郎氏らデザイナー8人に参加要請文書を送付していた問題で、関係者へ聞き取りなどの調査を行う。

調査チームは、事前の応募要請が審査結果に与えた影響について、関係者から聴取するなどして調べる。

11月中に調査を終え、年内に結果を公表する予定。

現段階ではまだ公表されていません。

■今回の応募条件

旧エンブレムの選考過程が閉鎖的と批判を受けた反省から、応募条件を大幅に緩和

応募は18歳以上の日本人または日本在住の外国人に限るが、代表者がこの条件を満たせばグループでの参加も受け付ける。

今回は多様な分野の21人で構成するエンブレム委員会(委員長・宮田亮平東京芸大学長)の委員に加え、外部の専門家やデザイナーを交えて計7段階のチェック、審査を行う。

▼Twitter上にもいろんなデザインがアップされています。

1 2