1. まとめトップ
0 お気に入り 2252 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

seo-kijiさん

転職して良かったこと

1位は「給料がアップした」
2位は「社風が合う」
3位は「周囲の人に恵まれている」

人生というのは20代の時に想像するよりも全然長く、何があるかわかりません。

本当に40歳になるまでには、別に独立する気が無いとしても、万が一の時になんとか「稼ぐ手段」というのを身に着けておくべきだと激しく思います。

例え、どれほど順調だったとしても雇われの未来なんて本当にわからないものです。

40代で転職した人の8割は“幸福度”があがっている

何の下準備もなく、勢いで会社を辞めたが、求職期間中は「今思うと最高に楽しかった」と笑う。

不安より、辞めたい辞めたいと思っていた会社を辞められた喜びのほうが大きかった。

今の会社が本当に嫌なのであれば、収入源さえ覚悟すれば、幸せは意外と近いところにあるのかもしれない。

40代で転職に成功した人の体験談「失敗は考えないことが大事」

会社の責任は重くなるし給料もあがらず、年齢と共に毎日の激務で疲れ果てていまして、妻はどうにでもなるからと言ってくれて、もう辞めてしまおう!

「前より給料は下がりましたけど、とても楽しいし体が元気になりましたね!だから最近は仕事が終わった後にアルバイトでもしようかなと思っているぐらいです!」

40代でも転職OKな企業とは?

40代で転職を考えている誰もが気になる問題ですね。

男性・女性ともに40代が応募できる企業はたくさんあります。

しかし、内定が出るかどうかは別問題。年齢だけで不合格にされてしまう場合も多く(年齢フィルター)、

高年収の人材が多いこともあり、20代や30代に比べると圧倒的に不利になってしまうのが現実です。

年収手取りで200万弱のおひとりさまOLです。

転職活動なのですが。

これまでの報告以降も、思うように進んでおりません・・・。


う~ん、こんなに厳しいとは。


いろいろと崖っぷちです。

「このまま仕事ばかりしていたら、私が行き着く先は孤独死……?」

「私が今まで築いてきたキャリアはどうなるんだろう?」

30代を目前にして将来が不安に

30代後半 未経験異業種転職は無謀でしょうか?

現在34歳ですが、未経験の異業種にチャレンジしたいと考えております。

資格を取れば転職できるというほど甘いことがないことは十分理解していますが、未経験異業種へのチャレンジのため、その業種へ多少でもプラスになるよう資格を取得しようと考えております。

30代の転職。「35歳転職限界説」がある中、どう取り組んでいくのか?

まず30代に入って、かなり制限がかかってくるのが「未経験」の採用。

基本的に30代に求められるものはそれまでに培ってきた社会的な経験や、どんな仕事をしてきたかなので「初めてですが頑張ります!」といった勢いでは難しくなってきます。

30代でも希望の転職が出来ました

前の職場には8年ほどいたのですが、給料は低いままですし、これ以上スキルを向上させることも難しいと感じたので、早めに転職したいと思い、求人を探し始めました。

同年代で転職に成功した人たちの体験談を読ませていただいたところ、多くの方が転職サイトに登録して求人を探しているといった共通点があることに気づいたため、私も転職サイトに登録することにしたんです。

転職理由で悩んでない?

みんなこんな理由で転職してるよ!

現職の仕事自体にはある程度やりがいは感じているものの、漠然と業界や会社の将来性が不安、今の自分の経験やキャリアは転職市場で通用するものなのかわからない等の理由で、転職を考える方も多くいらっしゃいます。

転職をしようと思った理由は何ですか?

質問の裏側面接官のホンネ

前職にどのような不満・不安をかかえていたのか?

当社になにを期待しているのか?

すぐに辞めるような人ではないか?

転職理由「会社の将来性が不安」が減少。ポジティブ転職傾向が鮮明に

「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験/知識を積みたい」

キャリアアップ志向の女性が増加傾向

面接官は仕事への取り組み方を見ている

転職理由を聞くことは、その人が、誠実に仕事をするか、会社への適応能力があるか、ストレス耐性があるかなど、仕事への取り組み方を見ていると言えるでしょう。

面接官が持っている、あなたへの不安要素を転職理由から見出そうとしているということですね。

そのような場合に「以前の会社の将来性が不安だったから」と答えるのは、正しい判断なのでしょうか?

30代 独身男 ひとりはイヤで不幸生活なのか?

働き盛りの30代。1番仕事のことを考える時期かもしれませんね。。

このままでいいのかな?
もっと給料くんないかな?
あ~今日もサービス残業か?

などなど、愚痴も多くでるこの時期。

やっぱ転職かなって思って、数多くの同期が会社を去りました。

あなたも転職考えたことあります?何か毎日同じ生活でやるせないよな・・

30代からのサバイバル転職

30代独身男性は本能が壊れてしまっているのか

日本では30代の晩婚化が問題になっており、団塊ジュニア世代が子供を産まないため、少子高齢化に拍車がかかっている。

使い捨てられるまで派遣社員や契約社員を続けますか?

派遣社員や契約社員のままでは、将来が不安だという人も多いと思います。

しかも借金があって、収入も増えないし、どうしたらいいか分からない状況にある人もいるんじゃないかな。

今の仕事を辞め、新しい仕事に就くことを転職といいますが、最近では、この転職する人は多いようです。

その理由には、色々あるのかもしれませんが、仕事を変えるというのはとても大変なことですから、

その決断をさせるには余程の理由があるのかもしれませんよね?

会社への不満の中には、金銭面や人間関係があるようですが、特に上司とのトラブルが多いことが伺えます。

中には、苛めや差別、パワハラなど、理不尽な行動に、嫌気が差してしまった経験が、仕事を続けたくなくなってしまうようです。

何度も転職してやっと見つけた自分のやりたい仕事

新入社員としてはじめて社会で働いたのが10年前。

あれから10年、何度も転職してをしました。

転職理由は色々で、仕事につまらなさを感じたり、ストレスが溜まりすぎて限界だったり、契約社員の時は契約期間満了で次の職場にという時もありました。

大学生で就職活動をしていた頃から、私の仕事を選ぶ基準は職種ではなく、雇用条件でした。

お給料、年間休日、賞与、福利厚生などです。自分の条件をより満たしている会社を選んできました。

27歳で初めて正社員になったきっかけ

27歳の冬。僕は焦っていた。この先どうなるんだろう、、

職場ではそれなりに存在感を放ってはいたが、言っても「バイト」である。

しかも携わっていた業務がまもなく東京本社ではなく、大阪支店で行う事になっていた。それまで携わっていた仕事以外の業務を行うのか、それとも辞めるのか・・・。

悩んだ末、僕は、ある行動に出た。

転職を考えるきっかけは職場環境の不満が多い

転職に踏み切るのには、きっかけや勇気が必要です。転職の決断を下すきっかけには何があるでしょうか。以下、転職のきっかけをリストに挙げましたので参考にしてください。
■会社のために努力出来ないと感じた時
■別にやりたい事が見つかった時
■給料が遅れた時
■自分の時間が無くなった時
■人間関係に嫌気が差した時
転職のきっかけは職場環境の不満が多いようです。

親、妻、子供含め家族全員、さらには嫁の親まで出てきて反対される………これは笑い事じゃありません。

転職は、親や妻、夫、付き合ってる彼女などに相談すると、かなりの確率で反対されてしまいます。

1)転職することに反対している家族の意見を聞く
2)相手が感じている転職への不安をとく
3)転職への、あなたの熱意を語る

転職のきっかけ

前の会社は契約社員だったんですが、あまりに正社員との間に差があったんです。

お給料もそうですし、仕事の中身もあくまで正社員のサポートという感じで、責任のある仕事をまかせてはもらえません。

派遣社員や契約社員から正社員に転職する際に、面接で注意すべき事

転職理由については当然質問はされるのですが、面接で最も重視されるのは転職先で活躍出来る人材であるのかどうかです。

転職活動時には、前職の仕事でどの様な経験、実績を残したのかも非常に重要な要素になります。

派遣社員や契約社員の人も、前職で様々な経験を積んできたと思いますが、それらの経験が全て評価される訳ではありません。

正社員経験がないから採用されないということはない。

派遣社員から正社員への転職がうまくいかない場合、採用担当者の視点を欠いたアピールが原因となっている場合が多い。

「長く勤めて安定した生活を送りたい」といった志望動機では当然NG。

会社辞めたい!転職したい!あなたへ、後悔せずに決断する5つの方法

・リスクを考えてみる
・市場価値の確認
・業務棚卸をしておく
・原因を確認しておく
・周囲に相談をしてみる

転職したいけど仕事を辞める勇気がない人のための成功の秘訣と体験談

転職を成功に導く秘訣は、相手が一緒に働きたいと思うかどうかにかかってきます。

転職活動では、その仕事に関する実績やスキルのアピールもとても大事ですが、企業は実績やスキル以外にもチェックしている要素があるのです。

それはコミュニケーション能力と、企業との相性です。

転職したいけどできない

退職したい理由の説明を、上司にしにくい


転職したいと思ったとき、まずやらなければならないのは、今の仕事を辞める旨を上司に伝えることです。

何か明確なポジティブな理由、たとえば「自己実現するために、別の業種をチャレンジしてみたい」というようなはっきりした意志がある場合は、迷う必要はないでしょう。

そのまま上司に伝えればいいわけです。

交錯する感情・・・変わらない状況

現状のままでは、ダメだという自覚はある。

勤務先に危機的な兆候が見え隠れしている・・・

労働環境が悪くて体を壊しそうだ・・・

やりがいを見出せず続けるのが苦痛だ・・・などなど。

転職という言葉が頭を掠める(かすめる)ようになると、落ち着かない時間が続きます。

転職理由は「逃げ」でも問題ない!に賛同の声 「生き残る事こそ正義」「撤退も戦略のうち」

「今の環境に問題があるなら逃げるのは当然で、むしろここで逃げないと心や体を壊して

取り返しがつかなくなるおそれだってある。転職の理由が『逃げ』であることで悪いことなんてひとつもない」

1 2