1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tachiiisongさん

上野 翔太郎

私立中京大学附属中京高等学校
身長:174cm
体重:74キロ
右/右
投手

小6の時ドラゴンズJr.入りを経験し、中学では愛知西シニアで活躍。そして名門中京大中京に進学。

2013 夏 高校1年ながらベンチ入りするがチームは地区予選5回戦敗退、、、

上野君自身も4回戦、5回戦中継ぎとして登板し、夏を経験したがチームとしては悔しい結果となった。

初めての夏が終わり、秋季大会がはじまる!!

チームは県大会準々決勝を突破。勝てば東海大会出場が決まる準決勝、愛知西シニアの先輩である田中空良君がエースの豊川高校と対戦。上野vs田中の先輩後輩対決となったが

愛知西シニアの先輩である豊川高校の田中空良君

準決勝までの3試合では攻守にわたり盤石の戦いを見せてきた中京大中京。
しかし準決勝は打線が沈黙。安定していた投手陣も大量失点を喫した。10対0で6回コールドゲーム。試合時間わずか1時間25分で中京大中京は敗者となった。

「送球ミスで上野の表情が固くなっていた。1年生バッテリーをもう少し支えてあげないといけなかった」と小林 満平主将は相手に勢い付かせてしまったこと悔やんだ。

中京大中京の高橋源一郎監督「この試合でキャッチャーの伊藤には多くを学んでもらいたい。打撃陣も良いピッチャーに対応するスイングが出来るよう一週間で修正してきたい」と3位決定戦からの巻き返しを宣言した。

10-0で敗北。その後3位決定戦で勝利し、中京大中京は東海大会出場を決めた。

東海大会初戦突破するが準々決勝で姉妹校である三重高校に破れる。

史上最弱世代!?まさかの1年生大会初戦敗退

東海大会が終わって次の舞台は1年生大会。秋季大会から主力として活躍した上野ー伊藤バッテリーを中心に挑んだが、まさかの初戦敗退。
【史上最弱世代】と言われる。

冬を越えて2年生になり、最初の公式戦春季大会!

準決勝にてライバル東邦高校相手に完封した上野君の活躍もありチームは準優勝!

そして東海大会へ進むが初戦・日大三島に1-3で破れる。
上野君自身は9回6安打3失点の内容だった。

愛知で秋季3位、春季2位と結果を残してきた中京大中京。2014年夏の予選が開幕!!

背番号10としてベンチ入りし、2度目の夏に挑む!

シードの中京大中京は3回戦から登場。
3回戦 10-2 安城東 (2回1安打0失点)
4回戦 13ー6 至学館 (7回10安打6失点)
5回戦 7-0  半田工 (登板なし)
準々決勝5-3  高蔵寺 (9回7安打2失点)
上野君のエース級の活躍により準決勝進出!!

栄徳高校に破れ、2年の夏はベスト4で幕を閉じた。

最後のセンバツへの挑戦!秋季大会がはじまる

3回戦まで順調に勝ち進んだ中京大中京であったが、準々決勝ライバルの愛工大名電に3-7で破れ、センバツ絶望となる。
上野君は9回7失点という内容だった。

1 2 3